新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

食品

食品

「代替肉だんご」の煮崩れ改良【ケイエス冷凍食品】

 ケイエス冷凍食品は8月10日、植物由来の原材料のみで作られ、さまざまな味付けができると好評な〈ソイリーボール(プレーン)〉1㎏×6×2を、煮込み料理でも使えるようにリニューアルして発売する。 2020年8月に発売した、粒状植物性たん白とた…【続きを読む】
食品

植物性タンパク含む60種以上の栄養素詰まった次世代野菜製品を日本独占販売【味の素】

 大豆ミートを中心に、さまざまなプラントベースフードが開発される中、栄養素が豊富で環境負荷の少ない栽培方法で生産できる画期的な次世代ベジタブル製品が誕生した。 味の素は7月30日、タンパク質を豊富に含み、60種類以上の栄養素が含まれている葉…【続きを読む】
加工品(肉)

[冷凍]焼かずに蒸すだけ! 時間が経っても硬くならない冷凍焼き餃子開発【ヤヨイサンフーズ】

 ヤヨイサンフーズは、スチームコンベクションオーブンや電子レンジで蒸すことで焼き目付き餃子を作れる〈焼かずにできる!焼き餃子 26〉260g(10個入)×10袋×2合と〈同 19〉190g(10個入)×10袋×2合を発売した。 コロナ禍前か…【続きを読む】
食品

[冷凍]プレッツェルの風味味わえるバンズで特別感演出【テーブルマーク】

 テーブルマークは、より本格的で特別感のある外観を売りとする丸型の焼成パン2種を8月に発売する。 〈プレッツェルバンズ〉6個×8袋入×2合は、生地表面がこんがりした茶色をした独特の風味と食感を出すためにアルカリ溶液を使ったラウゲン処理を施す…【続きを読む】
食品

[冷凍]大豆ミート使った白身魚ハンバーグで植物性タンパク市場参入【日本水産】

 各社が大豆ミートを使った製品を続々と開発する中、日本水産も9月1日、同社初となる大豆ミートを使った新製品〈白身魚と大豆ミートのハンバーグ 50〉50g×12個×10袋×2合と〈同 80〉80g×12個×10袋を発売し、植物性タンパク市場に…【続きを読む】
加工品(肉)

[冷凍]ジューシー感抜群の衣つき未加熱の竜田揚げでオペ軽減も!【ニチレイフーズ】

 ニチレイフーズは、コロナ禍における社会環境や生活様式の変化にともない、メニューの主力品強化やオペレーション軽減などを目的として、新製品16品を9月1日から順次発売する。 なかでも、外食や惣菜などでチキンメニューの人気が高いことから、チキン…【続きを読む】
食品

[冷凍]自然解凍で提供可能、彩り鮮やかな「野菜かき揚げ」発売【マルハニチロ】

 マルハニチロは2020年度より惣菜向けかき揚げを重点製品として提案しており、売上が伸長していることから、外食・給食ルートの多様な調理環境と提供方法に対応する秋季新製品として、自然解凍で提供できる〈ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ 8…【続きを読む】
食品

[常温]テイクアウトメニューに便利な半個体状のすりおろし野菜ソース発売【ケンコーマヨネーズ】

 ケンコーマヨネーズは、テイクアウト・デリバリー業態の課題や食の多様化、作業性・簡便性の向上に着目した新製品を7月15日に発売する。 〈すりおろし野菜ソース〉300g×20は、すりおろし玉ねぎやにんじんなどの具材とともに、21種の野菜や果実…【続きを読む】
食品

[冷凍]卵不使用で豆乳ベースのスクランブルエッグ風製品発売!【キユーピー】

 アレルギーを持つ人やヴィーガン、ベジタリアン向けにさまざまなプラントベースフード(植物由来製品)が開発されているが、その中心は肉の代替食となっている。そんな中、とうとうタマゴの代替食となるプラントベースフードが現れた。 キユーピーは、タマ…【続きを読む】
食品

動物性原料不使用の植物肉〈Green Meat Model H〉を4/1に発売【グリーンカルチャー】

 SDGs(持続可能な成長目標)や健康意識の高まりなどにより、動物性原料を使用しない「植物肉」への関心と需要は高まる一方だ。コロナ禍により、この流れはさらに加速しつつある。 フードテックベンチャーのグリーンカルチャー(東京・原宿、金田郷史社…【続きを読む】