新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

ロボット

ロボット

マーカーなしで短時間にマップ作成する配膳ロボ発売【公益創造センター】

 検温カメラなどの商社である公益創造センター(岡山・岡山、村岡政明代表)は1月末から、中国のロボット専門メーカーReeman(リーマン)社製の配膳ロボット〈デリゴ(Deligo)〉の取り扱いを始める。2021年に開発された新型で、日本では初…【続きを読む】
テイクアウト/デリバリー

フード業界の新たなビジネスチャンス創出する体験型イベント「FOODCROSS conference 2021」が11月18日開催

 フード業界向けに受発注や請求書発行などの電子商取引プラットフォームを運営するインフォマートは11月18日、フード業界の新たなビジネス機会を創出する1dayイベント「FOODCROSS conference 2021」をリアル会場とオンライ…【続きを読む】
ロボット

配膳ロボはここまで来た! 注目集める人気3機種の特徴まとめ

 昨年から続くコロナ禍により飲食店には大きな変化が起きた。その1つに上げられるのが、最適ルートを自動で割り出すAIと障害物や自機の位置を認識するさまざまなセンサーを搭載した配膳ロボット導入の広がりだろう。接客重視でロボット導入に後ろ向きだっ…【続きを読む】
ロボット

棚のデザイン・枚数・高さカスタマイズできる国産配膳ロボ発売【SOCIAL ROBOTICS】

 さまざまな配膳ロボットが次々と誕生する中、国産でありながら安価に導入できることを目指した配膳ロボットが新たに開発された。 ロボットの開発・製造・販売を手掛けるSOCIAL ROBOTICS(東京・八王子、浅野滋社長)は、棚のデザインや枚数…【続きを読む】
ロボット

通路幅50㎝でOKな配膳ロボット年内発売へ【テクトレ】

 世界中で導入されている配膳ロボット「peanut(ピーナッツ)」などのロボットメーカーである中国・keenon(キーンオン)は、通路幅が50㎝あれば利用できる配膳ロボット「T8」を開発した。代理店のテクトレ(神奈川・関内、肖書芳社長)は年…【続きを読む】
ロボット

ネコ型ディスプレイ付きなどPUDU社製配膳ロボット3種受注販売【パナソニック産機システムズ】

 パナソニック産機システムズは9月7日、中国・PUDU社製配膳ロボットの受注販売を始めた。今回販売する配膳ロボットは、広告ディスプレイ付きとネコ型ディスプレイ付きの2タイプ。 店内レイアウトや走行速度、音声、BGM、メニュー、広告などを登録…【続きを読む】
ロボット

なぜ「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」は配膳ロボット「Servi アイリスエディション」を導入したのか?(PR)

 慢性的な人手不足に悩む外食業界において、「配膳ロボットってよく聞くけど、どうなんだろう?」と思う飲食店経営者も多いのではないだろうか。 「Servi(サービィ) アイリスエディション」は、ソフトバンクロボティクスとアイリスオーヤマが提供す…【続きを読む】
ロボット

日本初となる無人店舗カフェの実証実験開始【New Innovations】

 コロナ禍により人手不足については少し緩和されているものの、通常営業が始まれば再び人手不足が深刻になることが予想される。大手企業ではさまざまなロボットを導入しているが、いよいよ無人店舗の出現も近いかもしれない。 New Innovation…【続きを読む】
ロボット

約30秒でアルコールドリンク提供するロボット提供へ【TechMagic】

 コロナ禍により人件費の削減と非接触がより求められるようになる中、ビールやハイボール、サワーなど複数のアルコールドリンクを自動で提供するロボットの開発が進んでいる。 調理ロボットや食器自動仕分けロボットなどの製造・販売などを手掛けるTech…【続きを読む】