新型コロナウイルス関連記事

酒類

酒類

キリンビールが3月から業務用・市販用ともに〈SPRING VALLEY 豊潤<496>〉販売

 キリンビールは、3月1日から料飲店向けに、3月23日から市販向けにクラフトビール〈SPRING VALLEY 豊潤<496>〉(アルコール度数6%)を販売する。 業務用としては、同社が展開するタップサーバー「タップ・マルシェ」限定の展開と…【続きを読む】
酒類

これは珍しい! チリの赤ワイン用品種カルメネールで造った白ワインが日本で先行発売!!【日酒販】

 「ブラン・ド・ノワール 」という言葉をご存知だろうか。 これは、フランス語で「黒の白」という意味で、黒ブドウのみを使用して造られたシャンパーニュを指す。 通常、白ワインというのは白ブドウという果皮が緑色のブドウを搾り、その果汁だけを発酵さ…【続きを読む】
酒類

PETボトル充填の簡易サーバー「TAPPY」21年4月から全国展開!!〈一番搾り〉提供OK【キリンビール】

 キリンビールのタップサーバーといえば、「Tap Marché(タップ・マルシェ)」が有名だ。個性的で多種多様なクラフトビールを3ℓペットボトルで提供するサーバーで、鮮度がいいクラフトビールがお客さんに出せ、取り回し・メンテナンスが楽なこと…【続きを読む】
酒類

五反田の直営店でクラフトビールを初醸造! 他店のビール製造請負も視野に【Far Yeast Brewing】

 日本発のオリジナルクラフトビールメーカーであるFar Yeast Brewing(山梨・小菅村、山田司朗社長)は、東京・五反田の直営店「Far Yeast Tokyo Brewery&Grill(ファーイーストトーキョーブルワリー…【続きを読む】
酒類

コロナ禍で始まった2021年、どう動く?──ビール大手4社の業務用戦略はいかに?

 新型コロナウイルスの感染拡大に悩まされているのは、外食産業を支えるメーカーも同じだ。外出自粛により家庭用需要は伸長する一方で、時短営業や休業を余儀なくされた業務用製品は苦戦を強いられている。 コロナ禍で幕を開けた2021年、大手ビールメー…【続きを読む】
酒類

大阪市大正区の新たな特産品に! 「タグボート大正」の1周年記念でクラフトビール発売【Marca】

 古くから沖縄ゆかりの人が多く住み「リトル沖縄」と呼ばれている大阪市大正区で、新たな名物となることを目指したクラフトビールが発売される。 RETOWN(リタウン、大阪・難波、松本篤社長)が運営する複合施設「TUGBOAT_TAISHO(以下…【続きを読む】
酒類

スパークリング清酒〈澪〉発売10周年で浅田真央氏起用しブランド強化と認知再拡大へ【宝酒造】

 宝酒造は、〈松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒〉が2011年6月の発売から来年で10周年を迎えるにあたり、ブランドの強化と認知再拡大に取り組む。 〈澪〉は、日本酒の需要減少により、若年層が求める「低アルコール」と「甘口」をキーワードに開…【続きを読む】
酒類

「日本ネーミング大賞2020」で〈一番搾り〉〈午後の紅茶〉が優秀賞を受賞【キリンホールディングス】

 念願の自分の店を持つにあたり、どのような店名にするかで悩んだ経営者は多いはずだ。せっかくなら、多くのお客さんの印象に残り、長く愛されるような名前をつけたい。ネーミングは簡単なようで、実は非常に難しい行為だ。 そんな折、特許庁の後援を受けた…【続きを読む】
酒類

ボジョレ・ヌーヴォーでもヴィーガン対応ワインが出てきたってどういうこと?

 そろそろ冬の風物詩、「ボジョレ・ヌーヴォー」の解禁日が近づいてきた。今年は11月19日だ。フランス南部ブルゴーニュ地方のボジョレ地区で、その年に収穫された「ガメイ種」というぶどうから造られる新酒を「ボジョレ・ヌーヴォー」と呼ぶ。時差の関係…【続きを読む】
酒類

3LPETボトル入り〈一番搾り生〉も!! 2タップ式新サーバー「TAPPY」試験導入へ【キリンビール】

 「お客さんには新鮮でおいしい〈一番搾り生〉を提供したいけど、このコロナ禍で客足も鈍いからなかなかハケないし、大樽だと鮮度が落ちるのが心配」「人手が足りなくて、重い大樽の持ち運びやサーバー洗浄が手間で大変」──という悩みを持つ飲食店にとって…【続きを読む】