新型コロナウイルス関連記事

加工品(魚介)

[冷凍]おつまみに最適! ジューシーさにこだわった南蛮味のいかスティックから揚げ【日本水産】

 日本水産は、加熱すると固くなるといういかの欠点を補うため、これまで海老に活用していた同社独自の漬け込み技術「シーフードプロ」を活用して、柔らかくジューシーな食感を楽しめる〈いかスティックから揚げ(南蛮味)〉1㎏×6×2合を9月1日に発売す…【続きを読む】

[冷凍]これは便利! 太巻き冷凍具材が小ロットで買えるサイトができたぞ!!【吉田喜九州】

 自店で作ろうとすると大変な手間がかかる「太巻き」を、手軽に短時間で作れる〈巻芯〉が、少量から購入できるようになった。 いくつもの巻きずしの中の具材を一つに束ねた冷凍具材〈巻芯〉を製造する吉田喜九州(大分・由布市、中野裕貴社長)は、業務用通…【続きを読む】

[冷凍]約0℃で熟成! 食感と旨みが増したサーモンなど切り身3品発売へ【極洋】

 自然解凍できる生食用の熟成魚が誕生した。熟成させた肉や魚を取り扱う飲食店が増える中、極洋が強みである魚に付加価値をつけた製品として開発したもので3月1日に発売する。 切身を真空パックした後に約0℃で48時間熟成させることで腐敗する心配がな…【続きを読む】

[冷凍]速筋増強ってどういうこと!?白身魚原料のそうめんが面白い!【日本水産】

 こんにゃくなどの素材を使ったヘルシー麺が現れる中で、日本水産は健康効果を研究し実証してきたスケソウダラのすり身を使い、独自の製法で麺にした〈魚麺〉(10本(700g)×4袋×4合)を3月1日に発売する。 同社は、スケソウダラのタンパク質を…【続きを読む】

[冷凍]「かわいい」えびフライを追求したら丸くなった!【テーブルマーク】

 テーブルマークは、定番化して価格競争が激しくなっている海老のフライ類に付加価値をつけて、見た目のインパクトや彩りで差別化するための2品を開発した。 見た目のインパクトでは、「かわいさ」をテーマとした製品を考えていたところ、えびフライを丸い…【続きを読む】

[冷凍]これが一度揚げ冷凍天ぷら!? 自家製天ぷらのように改良した商品がこれ!【マルハニチロ】

 マルハニチロは、衣がついた状態でフライを凍結し、工場での製造過程では油調しない独自技術「ノンプリフライ製法」(特許申請中)を、より天ぷららしいおうとつ感がある見た目とサクッとした食感を味わえるように改良し、新製品として「いか天ぷら」2品を…【続きを読む】

[冷凍]ザクザクした食感と見た目で五感を刺激するフライ「ザクうま揚げ」って!?【ヤヨイサンフーズ】

 ヤヨイサンフーズは春の新製品で、これまでのフライ製品とは異なる見た目と食感で五感を刺激する「ザクうま揚げ」シリーズを立ち上げた。 「ザクうま揚げ」は衣の作り方を見直し、従来のドライパン粉に製粉メーカーと共同開発したパフ化したパン粉を組み合…【続きを読む】

実に4人に1人!!季節を問わず食べられ始めた「おでん」を売らない手はない!?【マイボイスコム調べ】

 ネットリサーチ会社のマイボイスコム()は12月1~5日、全国在住の10~70代の男女1万135人を対象に、「おでんに関するアンケート調査」を実施した。すると、意外な結果が明らかに……。 家庭や外食を含めた「おでん」を食べる季節(複数回答可…【続きを読む】

[冷凍]天然だしが臭みをシャット!旨みが自慢の「魚介揚げ」4種が出た!!【ニチレイフレッシュ】

 ニチレイフレッシュ()はこのほど、だしのうま味を活かした業務用水産加工製品「だしの恵み」シリーズの販売を開始した。第1弾として、〈えび唐揚げ〉〈さんま竜田揚げ〉〈さば竜田揚げ〉〈いわし竜田揚げ〉(いずれも500g×12袋/2合)の揚げ物4…【続きを読む】

「絞め」を科学して熟成真鯛の大量生産に成功!【食縁 & 近畿大学】

 近畿大学発ベンチャー企業であるアーマリン近大の関連会社の食縁(和歌山・紀伊佐野、有路昌彦社長)は、伝統的な熟成法を科学的に分析して作った真鯛の熟成魚を大量生産する方法を世界で初めて(同社調べ)確立した。近畿大学水産養殖種苗センター技術員の…【続きを読む】