新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

加工品(魚介)

食品

[冷凍]スケソウダラをダイス状に加工し使い勝手のいいフライに!【大冷】

 大冷は2月1日、骨を取った魚をブロック状に加工したダイスカットシリーズの新製品として、スケソウダラを使った〈楽らく骨なし助宗だらダイスカット(打粉付)15〉750g(50個)×12袋×1合を発売した。 食べやすく、調理に適したサイズとして…【続きを読む】
食品

[冷凍]水揚げ後凍結せずに加工した新鮮な薄衣あじフライを数量限定販売【ニッスイ】

 ニッスイは4月1日、水揚げ後に凍結せずに鮮度を保ったまま工場に運びして下ごしらえと衣付けをするワンフローズンの〈あじフライ SE90〉5400g(60枚)×2合を発売する。 単価アップを図れる製品として、鮮度の良いあじを使用することにこだ…【続きを読む】
食品

[冷凍]花咲き衣でサクサク食感の1度揚げ天ぷら開発【マルハニチロ】

 マルハニチロは3月1日、衣付けした天ぷらを油調せずにそのまま凍結することで、1度しか揚げないで提供できる「ノンプリフライ」製品(※注)をブラッシュアップし、花咲き衣をまとったサクサク食感の天ぷら2品を発売する。 同社は、簡便に調理できつつ…【続きを読む】
ピックアップ

身の隅々まで柑橘果汁が行き渡った真鯛と出会った!この魚は一体なに?【ハマスイ×南宇和高校】

 ある展示会の一角で、女子高生達が元気に呼び込みをしていた。彼女たちが勧める〈愛南ゴールド真鯛〉を試食すると、柑橘の爽やかな香りと真鯛の旨みが口いっぱいに広がる。これは一体──? 愛知・南宇和郡愛南町にある南宇和高校の生徒が、愛情込めて育て…【続きを読む】
ピックアップ

有数のマグロ産地「南紀勝浦漁港」水揚げの生マグロから生まれた生ハムはご存じか?【木下水産物】

 「おいしいまぐろを刺し身以外にも活用できないか。そうだ、生ハムを作ろう!」──15年ほど前に、マグロ出荷加工の木下水産物(和歌山県那智勝浦町)の木下勝之社長は精肉業界の人と知り合い、「まぐろを生ハム風にできないか」とひらめいたのがきっかけ…【続きを読む】
食品

[常温]汁物なら入れるだけ! 良質な伊勢志摩産の乾燥あおさを発売【理研ビタミン】

 理研ビタミンは、伊勢志摩産のあおさを使用した〈乾燥あおさ 伊勢志摩産〉100gチャック付袋×10を発売した。 伊勢志摩産の良質なあおさの風味がふわりと香り、定番のみそ汁以外にもあんかけやかき揚げ、出汁巻き玉子、パスタ、ラーメンなどさまざま…【続きを読む】
加工品(肉)

国産原料&手打ちにこだわる京都のそば店が急速冷凍した業務用手打ちそばを8月から販売!【よしむら】

 京都・嵐山を中心に〈本店 嵐山よしむら〉や〈そば料理 蕎麦の実よしむら〉などの手打ちそば料理店を展開するよしむら(京都・嵐山、吉村匠平社長)は、8月より業務用に生そばを冷凍した手打ちそば〈瞬そば〉を販売する(価格はロットなどにより要相談)…【続きを読む】
食品

[冷凍]従来品比約2倍の大きさでインパクト大のあじフライ発売【日本水産】

 日本水産は9月1日、水産素材を活かしたボリューム感ある製品を提供する「ジャンボシリーズ」の新製品として〈ジャンボあじフライ180〉30枚(5400g)×2合を発売する。 あじフライは90~100gが主流である中、同製品は1.8~2倍の18…【続きを読む】
食品

[冷凍]ふっくらした仕上がり! 料理人の味再現した煮魚2品発売【マルハニチロ】

 マルハニチロは9月1日、水産原料の価値の具現化をテーマに開発した煮魚2品を発売する。同社は今年の春季新商品として「西京漬け」を発売しており、今回、もう1つの定番魚料理である「煮魚」を加えることで、魚が主役となるメニュー開発を後押しする。 …【続きを読む】