新型コロナウイルス関連記事

その他

顧客のアレルギー情報とりまとめサービスに事故対応保険が付いた!!【CAN EAT】

 アレルギーを持つ人にとって外食はリスクが高いため、外食したいという想いがあっても利用を控えることが多いという。一方、飲食店にとっても、万が一、事故が起きた際の不安も大きく、対応は後手に回りがちだ。 そんな中、アレルギーを持っている人でも外…【続きを読む】

レシピを提供するだけで自店のメニューを通販できる! 卸3社が提携工場で商品の製造・販売を代行【シコメル】

 コロナ禍でイートインの収入だけでは事業継続が難しくなる中、自店の人気メニューをEC(通販)で販売して収益化を図ろうという中小や個店の飲食店にとって、各種免許の取得や商品の製造はハードルが高い。 飲食店がテクノロジーを活用して店舗以外での売…【続きを読む】

原材料欄の写真送るだけでメニューのアレルギー表作成! メーカー確認も代行【CAN EAT】

 アレルギーを持つ人が増える中、飲食店にとってもアレルギー表示を求めるニーズは高まっている。一方で飲食店の現場からは、「アレルギーに関する問い合わせへの回答に時間がかかる」「厨房スタッフの回答が誤っていた」「包装材を捨ててしまった」「表を作…【続きを読む】

AIが防犯カメラの映像から客層や業態、天気に合わせてBGMを自動選曲!【USEN】

 店舗の雰囲気づくりに欠かせないBGMを、時間や天気、客層に合った曲を選んで流すことができれば、お客さんが居心地の良さを感じ、顧客満足度を高めることにつながるかもしれない。 店舗向けの音楽配信を手掛けるUSEN-NEXT GROUPのUSE…【続きを読む】

空席がある時だけテレワークスペースとして提供! 最低席数・時間・設備条件なしで導入可能!!【Suup】

 飲食店などの空席をワークスペースとして利用するサービスに新たなサービスが加わる。三井物産グループの4万5000人を超える全世界の組織や社員のアイデアから新しいビジネスを創造するために設立したMoon Creative Lab(カリフォルニ…【続きを読む】

これはビックリ! バッシングまでできる配膳ロボの試作品を公開!!【スマイルロボティクス】

 日本の飲食店でも配膳ロボットを導入する企業が現れる中、下膳も全自動で行なうロボットの開発が進んでいる。 東京大学情報システム工学研究室(JSK)出身で元Googleのロボットエンジニアが集まり、2019年に創業したロボット開発企業のスマイ…【続きを読む】

マーカー不要で自走する配膳ロボ1月に発売! 障害物回避も滑らか【ソフトバンクロボティクス】

 生産性向上を目指す飲食店に、じわりと配膳ロボットの導入が広がりを見せる中、ソフトバンクロボティクスが新たな配膳ロボットを1月から販売する。 ソフトバンクロボティクスは、従来の配膳ロボットのように床や天井にマーカーを設置しなくても、ロボット…【続きを読む】

コロナ禍6~8月平均値の売上回復が最も良かったのは「カレー」の77%、「焼肉」は71%!!【ポスタス調べ】

 クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」を提供するポスタスが、「POS+」のデータを基に6月から8月の飲食店における4業種・24ジャンル別の売上動向について調査したところ、回復傾向が最も高いジャンルは「カレー」だった。 同社は…【続きを読む】

来店せずにオンラインで物件探し~契約まで可能に! 飲食店向け専門サイト開設【ミセカリ】

 個人で飲食店を出そうと思った際の物件選びは、時間や手間の負担が大きい。そこで、個人店を中心に出店サポートやコンサルティングなどの業務支援を手掛け、全国に3500店舗以上のクライアントを持つフードコネクション(東京・目黒、船木純一社長)は、…【続きを読む】

定額テイクアウトアプリで空席の貸し出しが可能に! 加盟店の空き時間を収益化【POTLUCK】

 飲食店の空席をワークスペースとして提供するサービスがじわりと広がりを見せる中、テイクアウトアプリから飲食店の空きスペースを予約できるサービスが現れた。定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK(ポットラック)」()を運営するRYM&…【続きを読む】