新型コロナウイルス関連記事

その他

来店せずにオンラインで物件探し~契約まで可能に! 飲食店向け専門サイト開設【ミセカリ】

 個人で飲食店を出そうと思った際の物件選びは、時間や手間の負担が大きい。そこで、個人店を中心に出店サポートやコンサルティングなどの業務支援を手掛け、全国に3500店舗以上のクライアントを持つフードコネクション(東京・目黒、船木純一社長)は、…【続きを読む】

定額テイクアウトアプリで空席の貸し出しが可能に! 加盟店の空き時間を収益化【POTLUCK】

 飲食店の空席をワークスペースとして提供するサービスがじわりと広がりを見せる中、テイクアウトアプリから飲食店の空きスペースを予約できるサービスが現れた。定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK(ポットラック)」()を運営するRYM&…【続きを読む】

他店とのクラファン食事券のデジタル化・管理を無償で!!【ランデブー】

 同じ商店街やエリアの飲食店が集まって、クラウドファンディングを通して前売り食事券での支援を募る事例が増えている。一方で、資金が集まった後の紙の食事券の発行・分配には大変な手間がかかるとともに、利用時のトラブルにつながることも少なくない。 …【続きを読む】

目指せ常連客化!! 手軽に月額制会員権や前払い式ポイント販売が可能に!【monofun】

 MONO Investment(東京・目黒、中西諒社長)は、長期的な常連客を増やすとともに、キャッシュを事前に受けることで資金繰りの改善を図るサービスとして、飲食店が手軽に月額制の会員権や前払い式ポイントを販売できるサービス「monofu…【続きを読む】

日本酒のフレーバーを数値化した2500超の銘柄データを無料公開! メニューへの掲載や仕入れの参考など利用法は自由!!【さけのわ】

 日本酒は銘柄によってさまざまな味わいがあるため、詳しくない人が自分の好みの日本酒を探すことは意外と難しい。そこで、自分が飲んだ日本酒の感想を記録することで好みの日本酒を見つけることができるアプリ「さけのわ」を運営する藍色システムズ(東京・…【続きを読む】

特約店契約で通販&一般酒類小売業免許の取得を8.8万円で支援するサービス開始【August International】

 新型コロナウイルス対策の特例措置として、お酒を扱う飲食店に対して6カ月間有効な「料飲店等期限付酒類小売業免許」(以下、期限付小売免許)が認められたが、早期に取得した店舗では、10月に有効期限を迎える。 そんな中、「マイクロブルワリー」プロ…【続きを読む】

レシピやミールキットで飲食店が家庭用に売り込めるサイトを新設【Stay Restaurant】

 新型コロナウイルスの影響により、イートイン以外で売上を上げることを求められる中、飲食店が作った家庭向けレシピやミールキットを販売して、飲食店の収入につなげられる新たなサービスが始まった。 ミールキットの企画・販売を手掛けるStay Res…【続きを読む】

スマホ1台で手軽に日々の売上報告と多店舗の集計・管理が可能に!【EBILAB】

 日々の売上報告などの日報を作成・報告しようとすると、まずはエクセルにデータ入力して、それを添付してメールで送るなどの手間がかかることが多い。そんな中、スマホ1台で簡単に日報を作成でき、さまざまな分析にも役立てられるツールが開発された。 来…【続きを読む】

これは便利!! 飲食店営業許可書類を15分で作成できるオンラインサービスが誕生【手続きドットコム 飲食】

 飲食店を開業する際の手続きの手間を省けるサービスが始まった。AIを活用したデータ分析などを手掛けるディーエーピー(東京・新宿、今井隆太郎社長)は、飲食店営業許可にかかる要件確認や書類作成を、オンラインで簡略化できる「手続きドットコム 飲食…【続きを読む】

換気はいつすればいい? 二酸化炭素濃度測定してブザーで知らせる計測器が誕生【NKE】

 新型コロナウイルス対策として換気が重要と言わているものの、暑い日や雨の日に開けっ放しにしておくことは難しい。また、忙しい中で決まった時間に換気をするのは現場の負担にもなり、実際にどのくらいの頻度で換気すればいいのか、しっかり換気されている…【続きを読む】