居酒屋JAPAN出展社一覧東京会場出展社一覧大阪会場

設備機器

飲食業界に朗報!! 瞬間凍結の「ハイブリッドアイス」だからできる驚異の鮮度維持技術が実用化へ!【ブランテックインターナショナル】

 ブランテックインターナショナル(東京・永田町、廣兼美雄社長)は、これまでは無理だと言われていた高濃度塩水(23.5%)を瞬時に凍らせることに成功し、高濃度塩水を凍らせた「ハイブリッドアイス」を作る製氷機を開発。鮮魚流通への本格導入を見据え…【続きを読む】

大阪・吹田工場に「装着ロボット」導入し重量作業の負担軽減へ【アサヒビール×UPR】

 アサヒビールは、物流業務従事者の負担軽減と業務効率の向上を目的に、物流機器を提供するユーピーアール(東京・内幸町、酒田義矢社長/以下UPR )の動力(電力モーター)付きアシストスーツ〈サポートジャケットEp+ROBO〉()を、11月25日…【続きを読む】

国と民間が人手不足解消へロボット実用化のチーム結成!! 【経産省&NEDO】

 人手不足対策として、さまざまなロボットが開発される中、経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、人手不足が深刻化している飲食・小売、食品、施設管理の3分野でのロボット実装を加速するためのモデル構築に取り組む特別チーム「…【続きを読む】

生酒を酸化させずにグラス売りできるサーバー誕生! 海外への輸出も視野に【クリップクリエイティブ】

 酒類の卸売や輸入資材の販売などを手掛けるクリップクリエイティブ(兵庫・明石、渡邉大社長)は、酸化を防ぐことで長期間、日本酒の生酒(ドラフト)を提供できる世界初(※同社調べ)の専用サーブシステム「KEG DRAFT SAKE(ケグ ドラフト…【続きを読む】

コンパクトで実力派!話題の卓上型調理機はこれだ !! @FOOMA JAPAN

 かつてのような厨房スペースを広く持てる大箱の店舗がどんどん減り、小型店舗が増える中で、セントラルキッチンを持てない企業では、小型で役に立つ厨房機器のニーズが高まっている。7月に東京ビッグサイトで開催されたFOOMA JAPANで見つけた、…【続きを読む】

小規模厨房のHACCP対応に強い味方!自動温度管理システムを発売【福島工業】

 業務用冷凍冷蔵庫メーカーの福島工業は、厨房の温度管理を自動化するIoTルータ「HC-Kitchen」を10月1日発売する。 2020年にHACCP(ハサップ)導入が制度化されると、食中毒菌や異物混入の危害要因を低減するため、問題が起きた時…【続きを読む】

最近のイケてる酒場で流行の兆し!? トイレに置かれた【あるモノ】とは?

使っていない夜間に自動で汚れを落とすブラストチラー/ショックフリーザー【福島工業】

 福島工業は、庫内の洗浄から乾燥までを夜間に自動的に行う「自動洗浄機能付ブラストチラー/ショックフリーザー20型」(有効内容積892L)を開発した。庫内全てを丸洗いでき、洗浄時には扉はロックされる。また、洗浄1回につき使用する専用洗浄剤が約…【続きを読む】

ジューススタンドのようなシャリ弁ロボで「ライスバー」も【鈴茂器工】

 米飯加工機大手の鈴茂器工は製品提案を強化する。外食の現場で省力化のニーズが高まっていることが、事業の追い風。省力化だけでなく衛生面などにも貢献するうえ、新たな外食店モデル創出のヒントにもなる機器として、販売拡大に臨む。 多くの外食店では人…【続きを読む】

卓上でも使える高額紙幣対応の券売機【Fujitaka】

 Fujitaka(京都・京都市、髙井茂行社長)は、高額紙幣対応のセパレート型券売機「FK-AE30」を発売した。5000円札・1万円札の高額紙幣が使用できるセパレート型券売機で、本体下部の架台を取り外すことで、カウンターやテーブルなどの卓…【続きを読む】