新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

清掃・SOS

ピックアップ

非接触で除菌できる便座クリーナー用ディスペンサーをレンタル販売【サニクリーン】

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、不特定多数の人が使用するものに対して、できるだけ触れる部分の除菌を徹底したいというニーズが高まっている。そのため、トイレの便座除菌クリーナーの導入も増えているが、その便座除菌クリーナー自体は手動のもの…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

光触媒コーティングで店内設備のアルコール除菌が不要に! Rettyでの無料掲載も【ONE】

 コロナ禍により飲食店の従業員は、テーブルや椅子、ドア、メニュー表などを除菌する作業が求められるようになった。一般的に広く使われているアルコール除菌や次亜塩素酸ナトリウム除菌は、除菌効果の持続性が低いため繰り返し除菌作業する必要があり、従業…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

マスクを正しく着けないと低評価口コミの原因にも!! 素材はどれが最も効果的?

 新型コロナウイルスが騒がれはじめた当初は、「飲食店で店員がマスクをしたら、お客さんに失礼にあたるのではないか」と、マスクを着けるのを躊躇したお店も多かっただろう。 新しい生活様式がすっかり定着した今となっては、むしろお客さんの方が「マスク…【続きを読む】
特集

手洗い方法の再確認で感染対策を万全に!長く洗うよりも効果的な洗い方って?

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない。12月1日時点では、北海道や東京、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、茨城県と千葉県の一部地域で、飲食店やカラオケ店、接待を伴う飲食店に対し、時短営業や休業を要請している。 3密防止だ、5つの柱…【続きを読む】
ピックアップ

布おしぼりで拭くだけで99.73%の菌が減少!!【全国おしぼり協同組合連合会の公的検査】

 新型コロナウイルスの感染予防対策で、店の入り口でお客さんの手指をアルコール消毒したり、マスク着用での入店をお願いしたりと、衛生対策オペレーションが定着化しつつある外食業界。 そんな折、貸おしぼり業約220社が加盟する全国おしぼり協同組合連…【続きを読む】
ピックアップ

男性小便器での飛び散りを最小限に! 最適な足位置示すステッカーを開発【トイレが綺麗】

 男性トイレの小便器周辺は汚れやすく、清潔さを維持するには、こまめに掃除する手間が必要となる。実際、男性がトイレの小便器で用足しする際、1回で床に飛び散る尿ハネの水滴は200~400粒と言われており、床のチリやほこりの中にあるバクテリアなど…【続きを読む】
清掃・SOS

1日1回の除菌で効果が24時間持続し使うごとに除菌力強化!「Hydro Ag+」とは何ぞや?【エステー】

 Withコロナ時代においては、換気や席と席との間隔、従業員のマスク着用など店舗でやるべきことがどんどん増えていく。除菌もその一つだ。しかし一般的なアルコールは使用後すぐに蒸発してしまうため、除菌された状態が持続しにくく、再汚染しやすいのが…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

コロナ禍ひと息ついて行政も食中毒防止に動き始めた──再度、調理手順や温度管理の徹底を!!

 全国の緊急事態宣言も順次解除され、多くの飲食店が通常に近い営業に戻りつつあるが、「新しい生活様式」を順守すると、コロナ前の売上には遠く及ばない。そのため、テイクアウトやデリバリーを継続する店も少なくない。 そんな中で残念ながら5月17日、…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

普段使いの住宅用洗剤でも新型コロナ対策は大丈夫!効果アリの製品リスト随時公開中【経済産業省×NITE】

 経済産業省は、新型コロナウイルス対策に有効な洗剤をサイトで随時公開している。これは4月中旬、経産省が製品評価技術基盤機構(NITE)へ、洗剤の有効性評価を依頼。その報告を受け、5月21日に開催した有識者による検討委員会で判断したものだ。 …【続きを読む】
ニュース

6月から義務化の「HACCP」対応スポンジを発売【スリーエムジャパン】

 2020年6月からのHACCP(ハサップ)義務化を控え、スリーエムジャパンが、異物混入のリスクを抑える工夫を施したスポンジ「スコッチ・ブライト 多用途スポンジ異物混入対策用 No.3030」を、3月16日に発売する。 不織布部分は強靭な繊…【続きを読む】