居酒屋JAPAN出展社一覧東京会場出展社一覧大阪会場

読むと得する

今春の注目メニューはこれだ! 2年で取扱店2.7倍の「プルドポーク」が来る!!【ぐるなび】

 アメリカの伝統料理 の一つで 、 炭火で豚肉の肩の部分の塊肉を時間をかけてゆっくり加熱し 、肉の食感や旨味を残しながら ほぐせるほど柔らかく仕上げたバーベキュー料理「プルドポーク」を取り扱う店舗が増えているという。 飲食店情報サイト「ぐる…【続きを読む】

おいしい料理を安く提供! 今年は「おもて無(なし)グルメ」が流行る!【ホットペッパーグルメ外食総研】

 日本の飲食店は、低価格の業態でもサービスが行き届いていることで外国人からも人気となっているが、今年は価格以上の価値がある料理を提供することを優先するために、あえてサービスを簡略化する店舗が増えるかもしれない。 リクルートのホットペッパーグ…【続きを読む】

ライバル同士が禁断のコラボ!? ソース×ケチャップで旨みUP・原価DOWNの理由とは?【ブルドックソース×カゴメ】

 最近は企業同士のコラボレーション企画が盛んだ。ビール×菓子や、飲食店×調味料といった異業種の組み合わせが多いなか、なんと調味料×調味料のライバル会社同士がタッグを組んだ。 今回のブルドックソース×カゴメが共同で〈ブルドックソース〉と〈カゴ…【続きを読む】

異物混入を未然防止へ! 4時間だけ毛髪固めるミストが誕生【トモ・コーポレーション】

 飲食店を経営していると、さまざまなクレームを受けるが、その中で最も多いのが料理の中への異物混入に関するもので、特に「髪の毛が入っている」という内容のものもよく目にする。 トモ・コーポレーション(東京・代々木、井上知子社長)は、飲食店にとっ…【続きを読む】

実に4人に1人!!季節を問わず食べられ始めた「おでん」を売らない手はない!?【マイボイスコム調べ】

 ネットリサーチ会社のマイボイスコム()は12月1~5日、全国在住の10~70代の男女1万135人を対象に、「おでんに関するアンケート調査」を実施した。すると、意外な結果が明らかに……。 家庭や外食を含めた「おでん」を食べる季節(複数回答可…【続きを読む】

40~50代の「一人夜外食」が急増中!!【ホットペッパーグルメ外食総研調べ】

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」()が、首都圏・関西圏・東海圏の各圏域中心部からの鉄道距離がおおむね首都圏90分圏、関西圏80分圏、東海圏60分圏の市区町村に住む20~69歳の男女約…【続きを読む】

あか毛と黒毛のいいところ取り! 牧草のみで育てた赤黒和牛が誕生【東京農業大学】

 東京農業大学総合研究所(山本祐司所長)は、黒毛和種を母牛とし、あか毛(褐毛)和種を父牛とした赤黒和牛を作ることに成功した。今後も試作を続けながら、健康的な赤身と適度な脂身がある柔らかな肉質の「農大和牛」ブランドで出荷できる体制を整えていく…【続きを読む】

記憶力upや認知症予防に!? 知られざる「カマンベール」のポテンシャル!【明治】

明治()は、「カマンベールチーズ(白カビ発酵チーズ)」を食べることでアルツハイマー型認知症の予防になる可能性を世界初のヒト介入試験で確認した。 認知症と関連する脳の栄養分に、「BDNF(脳由来神経栄養因子)」というものがある。神経細胞の発生…【続きを読む】

サクサク、パリパリ……次は「音ジェニック」メニューで差別化の時代に!?【オハヨー乳業調べ】

 女性が一番好きな「食べている時の音」は「サクサク」と「パリパリ」。フォトジェニックの次は「音」ジェニックが来る!?ーー食事時の「音」に着目し、オハヨー乳業()がこのほど調査した結果によると、女性に好まれる音や、音に対する世代間の傾向が明ら…【続きを読む】

大学生が外食産業の課題に対して独自視点で解決案 ! ビジネスアイデアコンテスト「外食インカレ2019」開催【日本フードサービス協会 & 日本フードサービス学会】

 大学生・大学院生が外食産業が抱える課題に対して具体性のある対応策を提案するビジネスアイデアコンテスト「外食インカレ2019」(秋元巳智雄実行委員長=ワンダーデーブル社長)が11月30日に開催された。 2回目となる今回は、外食企業が学童保育…【続きを読む】