新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

読むと得する

調査・統計

値上げしたチェーン店の業態別1位は「中華・ラーメン」【東商リサーチ調べ】

 信用調査大手の東京商工リサーチは、国内の外食チェーン店事業者122社を対象に、22年1月以降の値上げまたは値上げを伴う価格改定の公表動向に関して、前回7月調査に続き9月上旬までの最新動向をまとめた。 それによると、メニューの値上げを公表し…【続きを読む】
調査・統計

企業・団体の実に5割超がいぜんとして宴会・飲み会を制限!【HPグルメ外食総研調べ】

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が、外食の現状や消費者心理について調査した「外食実態調査」によると、宴会・飲み会の制限については減少傾向ではあるものの、依然として過半数の企業・団体で制限が設けられ…【続きを読む】
調査・統計

飲食店の食品ロス対策は浸透もサステナブルシーフードの認知は今ひとつ【シンクロ・フード調べ】

 環境問題への意識の高まりから注目される食品ロス(フードロス)。この問題では何かと外食産業が目の敵にされがちだが、実は家庭から出るフードロスのほうが多いのをご存じだろうか。 環境省の調べによると、日本では2020年度に約522万トンの食品ロ…【続きを読む】
調査・統計

旨味と濃厚さで「イカスミ」の投稿数が上昇中! 料理単価も右肩上がりに【SARAH調べ】

 累計90万件以上の投稿データを集めるグルメコミュニティサービス〈SARAH〉を運営するSARAH(東京・神保町、髙橋洋太社長)は、この3年間で「イカスミ」の人気が増加傾向にあるとの分析結果を発表した。 同社が提供する外食ビッグデータ分析サ…【続きを読む】
ピックアップ

短期間で寿司などの和食料理人を育成! 飲食店併設した実践型スクール開講【G-FACTORY】

 うな丼チェーン「名代 宇奈とと」の運営と飲食店の経営サポートを手がけるG-FACTORYは10月3日、短期間で料理人を育成する「飲食人大学」創設者の宇都裕昭氏を校長に迎え、「寿司」「焼鳥」「ラーメン」「そば・うどん」の4業態の料理人を育て…【続きを読む】
ピックアップ

レトロブームと定番回帰の流れ反映! 2022年トレンド鍋は「平成リバイバル鍋」に!!【ぐるなび】

 ぐるなびは2022年のトレンド鍋に、食材や見た目、食べ方に今らしさを感じさせる要素を加えてアップデートした「平成リバイバル鍋」を選定した。Z世代を中心にネオン酒場や横丁などレトロな飲食店が人気となり平成レトロブームが起きていることと、物価…【続きを読む】
調査・統計

過半が調理と配膳は人によるサービスを希望!【HPG外食総研調べ】

 外食業界でもデジタルトランスフォーメーションによる効率化・省人化が進んでいる。一方で人によるサービスの重要性も再認識されはじめているが、肝心のお客さんはどう思っているのだろうか。 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパー…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

【8/30更新】新型コロナウイルスの影響で売上減…国や各種団体による飲食店向け支援制度も続々登場

 新型コロナウイルス(COVID-19)でお亡くなりになられた方々及びご家族の皆様には、心よりお悔やみ申し上げますとともに、影響を受けられている飲食店をはじめとした皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルスの影響に対する、飲…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

【8/30更新】飲食店向け「Go To キャンペーン」に関する情報まとめ

◆Go To Eat🆕・「Go To Eat」食事券の利用期限を9月末まで延長【広島県】・新型コロナ感染拡大受け「GoToEat」食事券利用可能な3府県で要請追加【大阪府・広島県・沖縄県】