新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

読むと得する

調査・統計

飲食店利用者の7割超が「キャッシュレス決済派」に!男性は30代、女性は60代が最多【HPグルメ外食総研】

 最近、多くの消費者が「キャッシュレス決済」を利用している。財布を出さずにスマホやICカードなどで決済できる手軽さや、ポイント・キャンペーンなどの特典に加え、コロナ禍によりできるだけ非接触で済ませたいという心理も働いているようだ。 店側にと…【続きを読む】
調査・統計

羊肉は一過性のブームから身近な食材に!?【HPグルメ外食総研調べ】

 記者は羊肉、それもラムよりマトンの方が好きなのだが、「独特の匂いが苦手」と敬遠する人は少なくない。エスニック料理やガチ中華の普及により、羊肉好きは多少増えてきた印象があるが、果たしてどうなのだろうか。 リクルートの外食市場に関する調査・研…【続きを読む】
POP・ポスター・のぼり類

【1/12更新】新型コロナウイルスの影響で売上減…国や各種団体による飲食店向け支援制度も続々登場

 新型コロナウイルス(COVID-19)でお亡くなりになられた方々及びご家族の皆様には、心よりお悔やみ申し上げますとともに、影響を受けられている飲食店をはじめとした皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルスの影響に対する、飲…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

【1/12更新】行政・公共団体による飲食店向け支援金制度

■助成金・補助金●農林水産省・コロナ禍の影響受けた中小飲食店に最大1000万円補助! 感染防止対策強化のための業態転換支援で【農水省】●環境省・ロスナイ換気など高機能換気設備導入に対して最大2000万円補助【環境省】●厚生労働省▼雇用調整助…【続きを読む】
調査・統計

年末年始は「4人以下で外食したい」人が6割超!特に20代は予定済4割と突出【キリンホールディングス調べ】

 キリンホールディングスは、年末年始の行動・意識に関する調査を実施したところ、年末年始の外食は「少人数(4人以下)」での実施意向が62.5%と、過半数を超えた。 年代別では、特に20代で外食の実施意向が強く、少人数・多人数共に約40%が具体…【続きを読む】
ピックアップ

世界初! 超音波AI技術により尾切りしない冷凍マグロの鮮度評価に成功!!【東海大学×富士通】

 東海大学静岡キャンパスの海洋学部水産学科の後藤慶一教授と富士通の共同研究グループは、超音波検査で取得されたデータ処理に特化したAI技術を活用することで、冷凍マグロの鮮度を冷凍状態のまま非破壊で評価することに世界で初めて成功した。 冷凍マグ…【続きを読む】
調査・統計

忘・新年会の想定予算は過去11年で最高額の4500円超に【HPグルメ外食総研調べ】

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関であるホットペッパーグルメ外食総研が首都・関西・東海の3圏で実施した、今年度(2022年12月~2023年1月)の忘・新年会についての消費者アンケート調査によると、1回当たりの想定予算額は4526…【続きを読む】
調査・統計

接客や料理の顧客満足度の高低で「割高」感じる金額に14ポイントもの差!!【MS&Consulting調べ】

 ミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)などを手がけるMS&Consulting(東京・小伝馬町、並木昭憲社長)と国立研究開発法人産業技術総合研究所との共同研究によると、「顧客満足度の評価」の高い店と低い店とでは、値上げ額の許容…【続きを読む】
調査・統計

過半数が週1外食も2軒目ハシゴわずか1割!【ROI調べ】

 顧客満足度向上プラットフォーム〈ファンくる〉を運営するROIが11月22~25日、ファンくる会員847人(男性283人・女性564人)を対象に実施した「9月~11月の外食動向調査」によると、直近3カ月(9~11月)に外食に行った人のうち、…【続きを読む】