新型コロナウイルス関連記事

あんなドリンク

酒類

コロナ禍で始まった2021年、どう動く?──ビール大手4社の業務用戦略はいかに?

 新型コロナウイルスの感染拡大に悩まされているのは、外食産業を支えるメーカーも同じだ。外出自粛により家庭用需要は伸長する一方で、時短営業や休業を余儀なくされた業務用製品は苦戦を強いられている。 コロナ禍で幕を開けた2021年、大手ビールメー…【続きを読む】
酒類

大阪市大正区の新たな特産品に! 「タグボート大正」の1周年記念でクラフトビール発売【Marca】

  古くから沖縄ゆかりの人が多く住み「リトル沖縄」と呼ばれている大阪市大正区で、新たな名物となることを目指したクラフトビールが発売される。 RETOWN(リタウン、大阪・難波、松本篤社長)が運営する複合施設「TUGBOAT_TAISHO(以…【続きを読む】
酒類

スパークリング清酒〈澪〉発売10周年で浅田真央氏起用しブランド強化と認知再拡大へ【宝酒造】

 宝酒造は、〈松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒〉が2011年6月の発売から来年で10周年を迎えるにあたり、ブランドの強化と認知再拡大に取り組む。 〈澪〉は、日本酒の需要減少により、若年層が求める「低アルコール」と「甘口」をキーワードに開…【続きを読む】
酒類

「日本ネーミング大賞2020」で〈一番搾り〉〈午後の紅茶〉が優秀賞を受賞【キリンホールディングス】

 念願の自分の店を持つにあたり、どのような店名にするかで悩んだ経営者は多いはずだ。せっかくなら、多くのお客さんの印象に残り、長く愛されるような名前をつけたい。ネーミングは簡単なようで、実は非常に難しい行為だ。 そんな折、特許庁の後援を受けた…【続きを読む】
酒類

ボジョレ・ヌーヴォーでもヴィーガン対応ワインが出てきたってどういうこと?

 そろそろ冬の風物詩、「ボジョレ・ヌーヴォー」の解禁日が近づいてきた。今年は11月19日だ。フランス南部ブルゴーニュ地方のボジョレ地区で、その年に収穫された「ガメイ種」というぶどうから造られる新酒を「ボジョレ・ヌーヴォー」と呼ぶ。時差の関係…【続きを読む】
酒類

3LPETボトル入り〈一番搾り生〉も!! 2タップ式新サーバー「TAPPY」試験導入へ【キリンビール】

 「お客さんには新鮮でおいしい〈一番搾り生〉を提供したいけど、このコロナ禍で客足も鈍いからなかなかハケないし、大樽だと鮮度が落ちるのが心配」「人手が足りなくて、重い大樽の持ち運びやサーバー洗浄が手間で大変」──という悩みを持つ飲食店にとって…【続きを読む】
ノンアルコール

麦芽100%の本格クラフトノンアルビール〈昼ビ〉で昼飲み需要をさらに!【the Tandem】

 デザインファームのthe Tandem合同会社(東京・大森、松永ひろの・銭谷侑共同代表)はこのほど、クラフトノンアルコールビール〈昼ビ〉(350ml 通常税別200円のところ、発売記念価格で同180円/6缶・24缶セット)を発売した。現在…【続きを読む】
ピックアップ

国内外の一流バーテンダーが教えるモクテルレシピサイト「Mocktail Lab」が注目だ!【nolky】

 ノンアルコール需要の高まりに伴い、ノンアルコールカクテルを示す「モクテル」の認知度も広まりつつある。しかし、モクテルの名前は知っているものの、実際にどう作ったらいいのか悩む人も多いのではないだろうか。 そんな折、第一線で活躍するバーテンダ…【続きを読む】
酒類

下町コラボが生んだ〈ハチミツ檸檬ビア〉ってなんだ?【アサヒビール×加藤美蜂園本舗】

■下町の会社がタッグを組んだ!ハチミツとビールのおいしい関係 アサヒビールは、東京・浅草に本社がある加藤美蜂園本舗(東京・浅草、加藤禮次郎社長)の〈サクラ印純粋ハチミツ〉を使用した“下町ビアカクテル”〈ハチミツ檸檬ビア〉の提案を開始。アサヒ…【続きを読む】
酒類

今秋、大阪にクラフトビール「中津ブルワリー」誕生!!ホップから栽培し仲間との共感体験も【NI-WA】

 街づくりにおける各種コンサルティングを手掛けるNI-WA(東京・九段下、吉川稔代表)は、2020年初秋に、クラフトビールづくりを通じた新たなコミュニケーションをテーマに、大阪・中津に「Nakatsu brewery(中津ブルワリー)」をオ…【続きを読む】