新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

在庫管理

ピックアップ

小・中規模企業でも手軽に倉庫・物流機能が持てる! シェアリング物流センター開設【スパイスコード】

 仕入れやPB商品製造など業態立ち上げや多店舗展開に必要なシステムと物流を一括で提供するプラットフォーム〈ロカルメ・オーダー〉を運営するスパイスコード(東京・銀座、中河宏文社長)は、小・中規模の飲食事業者でも倉庫・物流機能を持つことができる…【続きを読む】
ピックアップ

AIで需要予測! 不定期での定量注文する食材の91.7%を自動化成功!!【HANZO 自動発注】

 外食産業向けクラウドサービス〈HANZO 自動発注〉を運営するGoals(ゴールズ/東京・新橋、佐崎傑代表)は、人工知能技術の有効性研究の官民プロジェクトに参加し、店舗におけるAI需要予測・自動発注の実現を目指した実証実験を実施したところ…【続きを読む】
ピックアップ

ソフトバンクが日本気象協会と組み来店客数予測サービスに参入

 ソフトバンクと一般財団法人日本気象協会は、小売り・飲食業界向けに人流や気象のデータを活用したAIによる需要予測サービス〈サキミル〉()を共同開発し、1月31日からサービス提供を始めた。サービス開始当初は、店舗ごとに1日ごとの来店客数を14…【続きを読む】
テイクアウト/デリバリー

フード業界の新たなビジネスチャンス創出する体験型イベント「FOODCROSS conference 2021」が11月18日開催

 フード業界向けに受発注や請求書発行などの電子商取引プラットフォームを運営するインフォマートは11月18日、フード業界の新たなビジネス機会を創出する1dayイベント「FOODCROSS conference 2021」をリアル会場とオンライ…【続きを読む】
POS/注文

バックオフィス業務一元管理システム「 Skymart」が21年12月から電子帳簿保存法に対応【東計電算】

 東計電算(神奈川県横浜市、古閑祐二社長)が提供する、飲食業や小売業向けクラウド型基幹システム「Skymart」()はこのほど、取引先受発注管理システム「Skymart-EDI」のアップデートを行い、2021年12月より、電子帳簿保存法の「…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

ワイン専門家が未開封酒類を廃棄前に査定&買取!【ファイブニーズ】

 東京や大阪など4都府県で発令されている3回目の緊急事態宣言により、飲食店での酒類の提供や販売が禁止された。 在庫の劣化の心配はもちろん、やむなく閉店した際の廃棄処分に困るケースも多いのではないだろうか。 酒類の買取販売事業を展開するファイ…【続きを読む】
ニュース

在庫品が減れば自動で発注! 請求や棚卸まで自動化‼【スマートショッピング × インフォマート】

 重量センサーを搭載したマットの上に在庫品を置いておくと、一定数以下になると自動で発注する重量計「IoT機器 スマートマット」(以下、スマートマット)と、インフォマートが提供する卸会社との発注・請求業務をウェブ上で行えるクラウド型サービス「…【続きを読む】