酒類酒・ドリンク商品情報あんなドリンク新商品情報

アイリッシュ・ウイスキーなのにバーボン樽熟成!?その理由は?【ディアジオジャパン】

2022年9月7日 8:40 am

 イギリス大手酒造メーカー・ディアジオ社の完全子会社であるディアジオジャパン(東京・六本木、カイリー・ウォールブリッジ社長)は9月6日、日本初上陸となるプレミアムブレンデッドアイリッシュウイスキー〈ROE&CO(ローアンドコー)〉700ml・アルコール度数45%を発売した。

 同製品はディアジオ社のマスターブレンダーと、アイルランドのカクテル文化をリードする5人のバーテンダーで開発。19世紀のアイリッシュウイスキーの先駆者であるジョージ・ローに敬意を込めて命名した。

 アイルランドのモルトウイスキーとグレーンウイスキーを、アメリカ・ケンタッキーのバーボンウイスキーに使うアメリカンオークの新樽で熟成させた、贅沢感のある滑らかなブレンドが特徴。

 通常、ウイスキーを熟成させるにはシェリー樽かワインの空き樽など、フレンチオークの樽を使うのが一般的だ。〈ROE&CO〉は、まろやかな甘味のある風味や新鮮な果実の風味を引き出すため、あえてバーボン樽で100%熟成させたという。

 これにより、芳醇なバニラの風味にフルーティーさとほのかなスパイシーさを調和させ、洗練された深みのある味わいを実現した。また、鮮やかなグリーンのブランドロゴと、人目を惹くボトルデザインに設計した。

 同社は「日本はウイスキーの一大マーケットである一方、海外のようにカクテルにして飲む習慣が薄い。ストレートでもおいしいがまずはウイスキーカクテルとして楽しんでもらいたい」と、25~30代前半のトレンド感度が高い女性や、プレミアムウイスキーユーザーへ訴求していく。

 市販のほか、外食ではバーやファインダイニングなどへ販路を広げつつ、都内での期間限定イベント開催も検討する。また、同社おすすめのカクテルレシピも公開したので、以下のレシピでメニューインしてみてもいいかもしれない。

【ROE & CO HIGHBALL(ロー アンド コー ハイボール)】

■材料
・〈ROE & CO〉:50mL
・ソーダかトニックウォーター
・グレープフルーツ

■作り方
①ハイボールグラスに材料を入れる
②グラスを氷で満たす
③軽くかき混ぜる
④グレープフルーツのガーニッシュ※を添えて完成
※カクテルにつける飾り

【ROE & CO IRISH COFFEE(ロー アンド コー アイリッシュコーヒー)】


■材料
・〈ROE & CO〉:40 ml
・ホットコーヒー:70ml
・きび糖:小さじ1
・ホイップクリーム
・すりおろしたナツメグ

■作り方
①クリーム以外をアイリッシュコーヒーグラスに入れる
②①で入れたきび糖を溶かす
③ホイップクリームをかける
④ナツメグをまぶし完成

【ROE & CO OLD FASHIONED(ロー アンド コー オールド ファッションド)】

■材料
・〈ROE & CO〉:50 ml
・シュガーシロップ:10ml
・アンゴスチュラ ビターズ※1:3ダッシュ
・オレンジゼストのガーニッシュ※2
※1 苦みを感じるアルコール飲料
※2 オレンジの皮のすりおろし

■作り方
①ミキシンググラスに材料と氷を入れる
②20秒かき混ぜる
③ロックグラスの氷にストレイナー※3 を使い注ぐ
④オレンジのガーニッシュを添え完成
※3 濾し器

Print Friendly, PDF & Email