新型コロナウイルス関連記事

smartnews-rss

がんばろう外食!(支援等)

兵庫は神戸、尼崎、西宮、芦屋の4市にエリアを縮小して21日まで時短要請を延長

 兵庫県は、3月7日まで県内全域の飲食店を対象に、21時までとしていた時短要請を、神戸、尼崎、西宮、芦屋の4市の飲食店にエリアを縮小して、21日まで延長した。酒類提供は30分延長して20時30分までとなる。 協力金は、協力開始日から時短要請…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

岐阜、石川は時短要請終了も福岡は21日まで延長

 福岡県は7日までとしていた、県内全域のすべての飲食店を対象にした21時まで(酒類提供は20時30分まで)の時短営業要請を、21日まで延長した。協力金として、引き続き1日4万円を支給する。一方、岐阜県は県内全域の飲食店への時短営業要請を、予…【続きを読む】
調査・統計

緊急事態宣言解除後に 「外食でディナーする」は9割以上に!「すぐに外食したい」は約3割【ヒトサラ調べ】

 USEN-NEXT GROUPのUSEN Mediaが運営するグルメメディア「ヒトサラ」がユーザーを対象に実施した「緊急事態宣言下と解除後の外食に関する意識調査」()によると、緊急事態宣言解除後は9割以上が「外食(ディナー)をする」と答え…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

大企業は特に要チェック! 雇用調整助成金の緊急事態宣言特例の詳細を公表【厚労省】

 厚生労働省は雇用調整助成金の緊急事態宣言対応特例措置についてのパンフレット()を公表した。現在、休業手当などの一部を助成する雇用調整助成金には、対象となる期間によって「災害時などの通常向け」「新型コロナ特例」「緊急事態宣言対応特例」の3つ…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

時短要請対象外の飲食店にも支給される! 中小・個人事業者向け一時支援金の申請受付を3月8日から開始【中小企業庁】

 緊急事態宣言による飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が減少した中小法人と個人事業者などを対象にした「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」 (以下、一時支援金)の申請受付が3月8日から始まる。それに先立ち、特設サイ…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

北海道、沖縄、群馬で予定通り時短営業の要請を解除

 2月28日まで飲食店に時短営業を要請していた北海道、沖縄県と3月1日まで要請していた群馬県は、予定通りに時短営業の要請を解除した。 北海道は札幌市内の飲食店に、沖縄県は県内の飲食店に、群馬県は伊勢崎市、大泉町の接待を伴う飲食店、カラオケ店…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

大阪市は家賃に応じて時短協力金を4段階に~6府県の時短要請と協力金まとめ

 緊急事態宣言が解除された6府県は、対象エリアや協力金などの変更はあるものの、3月1日から飲食店などに対して5~21時の時短営業の要請を継続する。酒類提供について大阪府と福岡県は20時30分までとし、愛知県は時間を設定せずに21時に閉店でき…【続きを読む】
調査・統計

消費者の「飲食店での酒類販売」認知度は2割も購入4割に【ホットペッパーグルメ外食総研調べ】

 リクルートライフスタイルの外食市場関連調査・研究機関であるホットペッパーグルメ外食総研が、コロナ禍で影響を受けている飲食店が、テイクアウトやデリバリーと同時に酒類を小売できる「期限付酒類小売業免許制度」の認知・利用に関する消費者アンケート…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

緊急事態宣言解除の6府県で時短要請は21時までに――協力金の金額を事業規模別に分けることも可能に

 政府は、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県の緊急事態宣言を2月末で解除することを決定したものの、飲食店への時短営業の要請は段階的に条件を緩和しながら続けることとなった。 西村康稔経済再生担当相は26日夜の会見で、6府県について、経…【続きを読む】
調査・統計

3万人に聞いた飲食部門の顧客満足度1位は「びっくりドンキー」

 サービス産業のイノベーションと生産性向上の推進を目的に産学官で組織するサービス産業生産性協議会が、2020年度顧客満足度調査の結果を2月24日に発表した。 同調査は2020年11月25日~12月22日の期間、全国の20~70代の男女2万9…【続きを読む】