新型コロナウイルス関連記事

line-rss

がんばろう外食!(支援等)

星付きシェフらが規模に見合った支援を提言【食文化ルネサンス】

 日本の食文化を継承・発展させることを目的に、日本を代表する食の第一人者が集まり2020年9月に設立された一般社団法人食文化ルネサンス(茂木友三郎理事長)は1月20日、今回の時短営業の要請や協力金給付など一連の動きについて、飲食店の現状を知…【続きを読む】
集客

ワインバルが「ワイン飲み放題」付きテレワークスペースに! ユニークなプラン付きシェアサービスが始動!!【テレスペ】

 コロナ禍による来店客の減少を補うため、飲食店の空席をワークスペースとして提供する店が徐々に増え始めている。ただ、スタッフの負担を軽くするため、サービス提供を抑えるのが一般的だが、その店の業態ならではの付加価値をプラスして差別化を図るサービ…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

時短営業の再要請や対象拡大の動き広がる――北海道・三重・熊本・広島

 緊急事態宣言を発令されていない地域でも、時短営業の要請が強化されている。 北海道は、1月16日から2月15日までの期間、札幌市内の接待を伴う飲食店と同市すすきの地区のすべての飲食店に対して、5~22時の時短営業を要請する。協力金は、すべて…【続きを読む】
調査・統計

今年食べたいメニューTOP3は「焼肉」「寿司」「ステーキ」!【ぐるなび調べ】

 ぐるなびは2020年12月25~28日の期間、20~60代のぐるなび会員1000人を対象に、「2021年に食べたいメニュー」や、トレンドの兆しがあるメニューについて調査した。 2021年に食べたいメニューは、「焼肉」「寿司」「ステーキ」が…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

緊急事態宣言受けた京都・愛知・岐阜・栃木で協力金の詳細決まる

 14日からの緊急事態宣言を受けた7府県のうち、詳細が決まっていなかった大阪府・兵庫県以外の5府県のうち4府県で制度の内容が固まった。 京都府は14日から、すべての飲食店に20時までの時短営業(酒類提供は19時、以下同)を要請し、協力金の対…【続きを読む】
酒類

コロナ禍で始まった2021年、どう動く?──ビール大手4社の業務用戦略はいかに?

 新型コロナウイルスの感染拡大に悩まされているのは、外食産業を支えるメーカーも同じだ。外出自粛により家庭用需要は伸長する一方で、時短営業や休業を余儀なくされた業務用製品は苦戦を強いられている。 コロナ禍で幕を開けた2021年、大手ビールメー…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

大企業にも時短営業の協力金給付を! 際コーポレーションが東京都に要望書を提出

 緊急事態宣言が1都3県に出され、すべての飲食店に時短営業を求められたものの、東京都に関しては協力金の対象が中小事業者のみとなっていることに対して、大手企業側も動き出した。 「紅虎餃子房」や「万豚記」など全国で約300店舗(2020年10月…【続きを読む】
酒類

大阪市大正区の新たな特産品に! 「タグボート大正」の1周年記念でクラフトビール発売【Marca】

  古くから沖縄ゆかりの人が多く住み「リトル沖縄」と呼ばれている大阪市大正区で、新たな名物となることを目指したクラフトビールが発売される。 RETOWN(リタウン、大阪・難波、松本篤社長)が運営する複合施設「TUGBOAT_TAISHO(以…【続きを読む】
調査・統計

緊急事態宣言前後で来店客はどう動いたのか【トレタが分析】

 予約台帳サービス「トレタ」を提供するトレタ(東京・五反田、中村仁社長)は、同社の「トレタ」導入店のデータから、緊急事態宣言前後の来店客数の動向を分析した。 それによると、12月の金・土・日の客数平均と緊急事態宣言後の金・土・日の客数比較で…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

12日以降、1都3県のほかに15府県で時短営業の要請を延長

 1都3県に続き、緊急事態宣言の発出を国に要請することを決めた大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県では、飲食店などへの時短営業の要請を延長した。 大阪府は11日までを期限としていた時短営業の要請を緊急事態宣言発出まで延長し、発出後に詳細を…【続きを読む】