ロボット ピックアップ

ネコ型ディスプレイ付きなどPUDU社製配膳ロボット3種受注販売【パナソニック産機システムズ】

2021年9月8日 12:16 pm

 パナソニック産機システムズは9月7日、中国・PUDU社製配膳ロボットの受注販売を始めた。今回販売する配膳ロボットは、広告ディスプレイ付きとネコ型ディスプレイ付きの2タイプ。

 店内レイアウトや走行速度、音声、BGM、メニュー、広告などを登録しておけば、配膳するテーブルをタッチパネルで選択するだけで指定のテーブルに移動する。20台まで連携して運転させられるためロボット同士がぶつかることもなく、複数のテーブルを経由させる際もロボットが最適ルートを自動で判断する。また配膳・下膳以外にも、BGMを流しながらケーキやプレゼントを運ぶなどの特別な演出に活用したり、来店客を迎えてテーブル席に案内したり、簡単な会話や音声での集客などにも活用できるという。

 広告ディスプレイ付きの〈KettyBot(ケティボット)〉はホワイトとイエローの2種あり、店舗案内やメニュー紹介などの広告を再生できる縦長の前面ディスプレイを搭載。簡単な対話にも対応しており、通行人を感知すると音声で店舗に誘引するという使い方もできる。トレイ(最大荷重10㎏)は2段と深さのあるものを乗せられるカゴが最下段にあり、4.5時間充電で8時間稼働する。

 ネコ型ディスプレイ付きの〈BellaBot(ベラボット)〉は、頭や耳に触れると愛らしい表情を楽しむことができ、ロボットが動いていない状態で声をかけると本体が起動し簡単な対話を行う。トレイ(同)は4段で、4.5時間充電で13時間稼働する。料金はすべてオープン価格。

※関連ページ
都内レストランでネコ型配膳ロボを3カ月間試験導入【Drone Future Aviation】
https://foodfun.jp/archives/12696

Print Friendly, PDF & Email