特集 コラム

無料食堂を運営している奈良のとんかつ店に困っていなさそうな人が大量注文!?

2021年5月14日 8:52 am

 奈良県奈良市でとんかつ店を運営する、「とんかつ店まるかつ(@marukatsunara)」。地元で人気のとんかつ店だ。

同店は2018年5月に「まるかつ無料食堂」を開始した。店内に貼られた貼り紙には、

「お腹がすいても、お家にお金がないときやお子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいのにご事情があってむずかしいときなどはコソっと店長に相談してください」

「その時は、店長のおごりで、コソっと無料でお腹いっぱい食べてもらいます。お店で食べるのが気まずければお弁当のお持ち帰りでも大丈夫です!」

 とあり、お金がなくて困っている人にとってありがたい存在となっていた。

 同店店長の金子友則さんによると、これまでは利用希望者を一度も断ることなく、無条件に無料で食事を提供してきた。

 しかし、貧困に悩んでいるとは思えない人を中心に、「厚切り弁当8個」「ミックス弁当10個」というような利用が増えてきて困惑したという。

 「今まではまったくそんなことはなく、今年4月くらいから急激に」ということだった。

 実は、ユーチューバーのタケヤキ翔さんが2021年3月19日にアップした動画「【人情食堂】お金がない人はとんかつ食べ放題の店に感動した…」(現在はタイトルを「【人情食堂】お金がない人にとんかつを提供してくれる店に感動した…」に修正済)という動画があるのだが、もしかしたらこの動画が騒動のキッカケになった可能性もある。

 その動画のタイトルと、当時サムネイルにあった「0円食べ放題」(修正済)だけを見た人が、中身を見ずに来店してしまったのかもしれない。

 実際の動画では、タケヤキ翔さんが同店と「まるかつ無料食堂」の紹介から始まり(「勿論タケヤキは払いますが」とテロップが入っている)、実際に行ってとんかつを食べ、店長の金子さんが「まるかつ無料食堂」を始めるに至った経緯を聞いている。

 タケヤキ翔さんも、「本当に困っている方は言っていただいても良いと思うんですけども」「そうじゃない方が気軽に言ってくるのはやめてほしいですね」「余裕がある状態ではご遠慮いただきたいと思います」と、悪用をたくらむ人に対してきちんとクギを刺している。

 ところが、動画のサムネイルとタイトルだけ見た人が「まるかつ無料食堂」を食べ放題だ!と勘違いして利用した感は否めない。

 それにしても、店内には「まるかつ無料食堂」の利用についてしっかり掲示されているし、「厚切り弁当8個」「ミックス弁当10個」などという大量注文とは、店主の想い、主旨からしたらいかがなものか。

 その後、タケヤキ翔さんから直接金子さんに謝罪があり、タケヤキ翔さんも自身のTwitterで一件落着となった。

 いち記者としては、「記事のタイトルで誤解を招く恐れもあるから、作成時は慎重にしなければ……」と居住まいを正す出来事だった。

Print Friendly, PDF & Email