テイクアウト/デリバリー ピックアップ

誰でも完全無料で利用できるテイクアウト予約サービス「Diny to-go」の提供開始!【エビソル】

2020年6月26日 8:56 am

 飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営するエビソル(東京・恵比寿、田中宏彰社長)は、エビソルの利用者でなくても完全無料で利用できるテイクアウト予約サービス「Diny to-go(ダイニー トゥ ゴー)」の提供を始めた

 同社は、テイクアウトを始めた飲食店を支援するために、同サービスでは一切の収益を得ないことを決め、無料で利用できるようにした。サービス専用サイト(https://www.ebisol.co.jp/diny/)から申し込み、審査後にメニューを登録すれば、すぐに利用できる。導入後は、店舗のホームページやSNSに掲載して、テイクアウトを受け付ける。利用者はアプリをダウンロードしたり会員登録をする必要がなく、名前や電話番号などを入力するだけでテイクアウトを注文できる点が特徴だ。

 利用プランは、「店頭決済プラン」と「オンライン決済プラン」の2種類を用意。完全無料の「店頭決済プラン」は店頭で直接料金を支払うもので、「オンライン決済プラン」はオンライン決済サービス「stripe(ストライプ)」に登録するとことで、クレジットカードによる事前決済にも対応する。「オンライン決済プラン」を利用する場合は、「stripe」に決済手数料(売上の3.6%)を支払う必要がある

 また第1弾として、東京・渋谷区と恵比寿新聞が公開している、テイクアウトやデリバリーを実施している飲食店を掲載している「渋谷区テイクアウト・デリバリーMap」と提携した。同時に行政と連携し、食中毒を出さないための啓蒙活動も行い、安全・安心な飲食店の利用を推進。今後もメディアや自治体との連携を進める。

 サービス提供と同時に「Instagram」とも連携した。「オンライン決済プラン」を利用していて、Instagramビジネスアカウントを持っていれば、Instagramアカウントのプロフィールにアクションボタン「料理を注文」を設定したり、 投稿するストーリーズの画像や動画に「料理を注文」のスタンプを貼るだけで、 注文フォームへの誘導ができる

※関連ページ
持ち帰り・宅配・前売り券はInstagram経由が主流になる!? パートナーに12社追加【Facebook】

Print Friendly, PDF & Email