酒類ピックアップ酒・ドリンク行こう!見よう!展示会/アワード

先着24名をマリアージュの会に無料招待!スペインラ・マンチャワインのセミナー10月に開催【IPEX】(PR)

2023年9月20日 2:04 pm

※第1部のセミナーはご好評により満了となりました。多くのお申し込みをいただきありがとうございました。第2部の試飲会は引き続き申込受付中です。

 来たる10月18日、スペインの注目ワイン産地の1つ、カスティーリャ・ラ・マンチャ州内の11のワイナリーが東京・日比谷パレスに集結する!!――

 そう、カスティーリャ・ラ・マンチャ州といえば、ドン・キホーテの物語の舞台で知られる場所。そこから彼らは一体、何をしに来日するのかというと、各ワイナリーお勧めの11種類のワインと、それぞれのワインにあわせて創作されたタパス(小皿料理)とのマリアージュを楽しむ特別無料セミナーを開催するためなのだ。

 主催はカスティーリャ・ラ・マンチャ州貿易振興会(IPEX)。このマリアージュセミナーは無料で限定24名のみだから、急いだ方がいい。埋まり次第、締切だ。

 ただ、この先着に漏れても、その後にフリーテイスティング会も用意されているから、11ワイナリーの自慢のワイン、スペインのトレンドのワインを各ワイナリー担当者が直々にサーブ・説明してくれる状況で試飲できる。これはまたとないチャンスだ。

 カスティーリャ・ラ・マンチャ州といえば、スペインのちょうど中央部にあり、ちょうど首都マドリッドがあるマドリッド州を下から包み込むようにある州で、ワイン産地としては長い歴史を持つ。

 平坦な土地が続くように見えるが標高は650m以上と高く、ちょうど州全体が大きな台地のようになっているのが特徴。そのため寒暖の差も激しく、年間3000時間の日照時間と少ない降雨量から良質なブドウが採れる産地として注目されているエリアだ。ワイン生産量はスペイン全土の54%、世界の8%を占めるなど、産地としては世界一の生産量を誇る。

 そのラ・マンチャの主力品種はスペイン独自の品種である白ブドウのアイレン。近年、品質向上が著しい地場品種なので、ぜひ、会場でもチェックして欲しい。
 試飲会の詳細は以下のとおりだ。

※第1部のセミナーはご好評により満了となりました。多くのお申し込みをいただきありがとうございました。第2部の試飲会は引き続き申込受付中です。

【第1部】特別セミナー・マリアージュの会=2023年10月18日(水) 12時30分~14時
     場所:日比谷パレス(東京都千代田区日比谷公園1-6)2階
     費用:無料

【第2部】フリー試飲会=同日14~16時30分
     場所:日比谷パレス(東京都千代田区日比谷公園1-6) 1階
     費用:無料

 問い合わせはカスティーリャ・ラ・マンチャ州貿易振興会・電話:03-5844-6531/担当・佐々木・小柳/nwt@new-word-trading.jpまで。

Print Friendly, PDF & Email