がんばろう外食!(支援等) ニュース

8月27日以降の「緊急事態」「まん延防止」「自治体独自」時短要請まとめ

2021年8月27日 12:02 pm

 政府は、8月27日から9月12日までの期間、「まん延防止等重点措置」が適用されていた北海道、宮城県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、岡山県、広島県に「緊急事態宣言」を発令。これにより、「緊急事態宣言」は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県、沖縄県と合わせて21都道府県となった。

 「緊急事態宣言」が発令された自治体では、都道府県全域で酒類提供が禁止され、5~20時の時短営業を要請される。協力金は1店舗当たり、中小の場合1日4万~10万円、大企業は上限20万円となる。

 さらに、「まん延防止」を新たに高知県、佐賀県、長崎県、宮崎県に適用したことで、福島県、山梨県、富山県、石川県、香川県、愛媛県、熊本県、鹿児島県と合わせて12県となった。

 「まん延防止」の措置区域に指定された市町村などでは、「緊急事態宣言」と同様に酒類提供が禁止され、5~20時の時短営業を要請される。措置区域外については、各自治体が独自で要請内容を決める。措置区域の協力金は1店舗当たり、中小の場合1日3万~10万円、大企業は上限20万円となる。措置区域外では中小は2.5万~7.5万円、大企業は上限20万円が基本となるが、自治体によって変更している場合もある。

 すでに自治体独自の時短要請をしている新潟県、福井県、長野県、徳島県、山口県、大分県(要請内容の詳細ついては、当サイト「最新ニュース」等の記事参照)に加え、新たに岩手県でも時短要請を始める。これにより、時短要請していない自治体は青森県、秋田県、山形県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県の7県となった。

 「まん延防止」適用区域と適用区域外、自治体独自の時短要請の最新情報は以下の通り(8月27日12時現在)。

高知県
【措置区域】高知市
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供禁止)
【県独自指定地域】南国市、香南市(9月3日まで)
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供は19時まで)

佐賀県
【措置区域】旧唐津市
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供禁止)
【県独自指定地域】措置区域以外
◆営業時間:5~21時の時短営業(酒類提供の要件なし)

長崎県
【措置区域】長崎市、佐世保市
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供禁止)
【県独自指定地域】措置区域以外
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供は19時まで)
◆その他:「ながさきコロナ対策認証店」は21時(酒類提供は20時)まで営業できる

宮崎県
【措置区域】宮崎市、日向市、門川町
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供禁止)
【県独自指定地域】措置区域以外
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供は19時まで)

【自治体独自の時短要請】

岩手県
◆対象区域:盛岡市
◆要請期間
:8月30日~9月12日
◆対象店舗:飲食店
◆営業時間:5~20時の時短営業(酒類提供の要件なし)
◆その他:協力金を受けるには9月1日までに時短営業を実施すること

長野県(要請期間延長)
◆対象区域
:長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村
◆要請期間:8月29日までだった期限を9月12日まで延長
◆対象店舗:接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店
◆営業時間:5~20時の時短営業
◆その他:「信州の安心なお店」認証店は通常営業も選択できる

Print Friendly, PDF & Email