新型コロナウイルス関連記事

ニュース

がんばろう外食!(支援等)

時短営業の再要請や対象拡大の動き広がる――北海道・三重・熊本・広島

 緊急事態宣言を発令されていない地域でも、時短営業の要請が強化されている。 北海道は、1月16日から2月15日までの期間、札幌市内の接待を伴う飲食店と同市すすきの地区のすべての飲食店に対して、5~22時の時短営業を要請する。協力金は、すべて…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

「家賃支援給付金」の申請を最長2月15日まで延長【中小企業庁】※15日午後更新

 「家賃支援給付金」について、1月15日24時までだった申請期限を、必要書類の準備に時間が必要など申請期限に間に合わない特別な事情がある場合は、1月31日24時まで提出を受け付ける。また、緊急事態宣言の発出により1月31日の期限にも間に合わ…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

「持続化給付金」の申請期限を1月15日から2月15日に延長【中小企業庁】

 中小企業庁は、1月15日までとしていた「持続化給付金」の申請期限を、必要書類の準備に時間が必要などの理由で申請期限に間に合わない事情がある場合、その期限を2月15日まで延長した。これに伴い、1月31日まで書類の提出期限延長の申し込みを受け…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

緊急事態宣言受けた京都・愛知・岐阜・栃木で協力金の詳細決まる

 14日からの緊急事態宣言を受けた7府県のうち、詳細が決まっていなかった大阪府・兵庫県以外の5府県のうち4府県で制度の内容が固まった。 京都府は14日から、すべての飲食店に20時までの時短営業(酒類提供は19時、以下同)を要請し、協力金の対…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

7府県で緊急事態宣言を発令へーー福島県では新たに時短営業を要請

 政府は1月14日から2月7日までを期間とする緊急事態宣言を大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、福岡県、栃木県に発令することを決めた。それを受けて7府県では同期間中、すべての飲食店に対して営業時間を5~20時(酒類提供は19時まで)に短…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

時短営業響く1都3県の飲食店の取引先事業者にも最大40万円の一時金支給へ【経産省】

 経済産業省は1月12日、今般の緊急事態宣言再発出を受け、20時までの時短営業対応を行う1都3県の飲食店の取引先事業者に一時金を支給する旨を発表した。関連の制度設計を行い、早期実現を図る。 飲食店と直接の取引がある食材納入業者などに加え、間…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

12日以降、1都3県のほかに15府県で時短営業の要請を延長

 1都3県に続き、緊急事態宣言の発出を国に要請することを決めた大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県では、飲食店などへの時短営業の要請を延長した。 大阪府は11日までを期限としていた時短営業の要請を緊急事態宣言発出まで延長し、発出後に詳細を…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

厚労省が出向元・出向先双方に助成する「産業雇用安定助成金(仮称)」創設へ

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響により事業活動を一時的に縮小している事業者が、出向により労働者の雇用を維持する場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して運営経費の一部を助成する「産業雇用安定助成金(仮称)」を創設する。1月の通常国会…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

1都3県バラバラに! 時短要請と協力金の詳細まとめ※1/12 10時45分更新

 政府による緊急事態宣言を受けて、1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)は、新たに要請内容と協力金の詳細を順次発表しているが、各自治体で内容は異なっている。 東京都は1月8日から2月7日まで、すべての飲食店に対して営業時間を5~20時…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

厚生労働省が「雇用調整助成金」の特例措置の大企業向け助成率を最大100%へ引き上げ

 厚生労働省は、1月8日からの緊急事態宣言により、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県の知事の要請を受け、時短営業に協力する飲食店などに対して、「雇用調整助成金」の特例措置に際し、大企業が解雇等行わない場合の休業手当などの助成率を従来の4分の…【続きを読む】