新型コロナウイルス関連記事 【参加型連載】サービスのチカラ

ニュース

がんばろう外食!(支援等)

都内中小向けにコンサル無料派遣と経営強化の経費200万円助成する支援事業実施【東京都】

 東京都は、中小事業者を対象に飲食業界の専門家によるコンサルティングを無料で受けられ、専門家の助言に基づく経営基盤強化に必要な取り組み経費について最大200万円助成する「飲食事業者向け経営基盤強化支援事業」を実施する。 対象は、東京都内で飲…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

時短要請を10月17日までで全面解除【愛知県】

 愛知県は、県内の飲食店に対する時短要請を予定通り10月17日までで終了し全面解除することを決めた。 これにより、15日以降も時短要請を続ける自治体は以下の8都府県となった。10月21日まで:京都、兵庫10月24日まで:東京、千葉、埼玉、神…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

6道県で「Go To Eat」食事券販売再開へ【北海道・栃木・群馬・静岡・福岡・熊本】

 飲食店への時短要請が解除されたことに伴い、北海道・栃木・群馬・静岡・福岡・熊本の6道県で「Go To Eat」食事券の販売を再開する。 また、岐阜県は10月18日以降に販売を再開する方向で調整している。各自治体の販売停止期限と販売開始日(…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

都内中小事業者のテイクアウト専門店出店に最大300万円助成【東京都】

 東京都は、都内の中小事業者などを対象に、ATM跡地などを活用したテイクアウト専門店を出店する際の経費の一部を助成する「テイクアウト専門店出店支援」を実施する。 対象は都内で飲食業を営むか自社で製造・加工した食品を販売している中小事業者また…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

北海道・岐阜・三重・栃木・熊本の時短要請は14日までで全面解除へ

 10月14日までを期限として時短要請している自治体では、福岡県と広島県に続き延長せずに全面解除する決定が広がっている。 岐阜県は、岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、大垣市、美濃加茂市、可児市、御嵩町の飲食店に対する時短要請を予定通りで解除…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

福岡・広島の時短要請が10月14日までで全面解除

 福岡県は、県内全域の飲食店に対する時短要請を予定通り10月14日までで解除することを決めた。また、広島県も広島市、東広島市、府中町、海田町の4市の酒類提供店などに対する時短要請を14日までで解除する。 現在、10月14日までを期限に時短要…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

愛知・静岡など「Go To Eat」食事券販売再開の動き広がる

 コロナウイルス感染者拡大を受けて販売を一時停止していた自治体の中で、「Go To Eat」食事券販売を再開する動きが広がり始めた。 すでに「まん延防止等重点措置」が解除された石川県や福井県などで販売を再開する動きが見られる中、愛知県はウェ…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

10月8日で時短要請解除へ【群馬県】

 群馬県は、第三者認証を受けていない酒類を提供する店と接待を伴う飲食店に対する5~20時の時短要請を、予定通り7日までで解除することを決めた。 現在、時短要請している自治体の予定期限は以下の通り10月14日まで:北海道、栃木、岐阜、三重、広…【続きを読む】
がんばろう外食!(支援等)

10月1日以降の各自治体による時短要請まとめ【17都道府県】

 政府は、「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」を9月30日までで終了することを決め、10月1日以降は、一部の自治体で独自の時短要請を飲食店に要請することとなる。 「緊急事態宣言」が発令されている北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県…【続きを読む】