ニュース

月1回以上の外食利用は8割超え!「居酒屋」「焼肉」の利用が増加傾向に【ぐるなび調べ】

2020年9月2日 1:06 pm

 ぐるなびが8月18~20日、20~60代のぐるなび会員1000人に、緊急事態宣言中(4~5月)、6月、直近1カ月(7月中旬以降)の3つの期間ごとに、外食の頻度を調査した。

 「月に1回以上」が緊急事態宣言中は46.1%、6月は70.7%、直近1カ月は82.6%となり、直近1カ月では緊急事態宣言中と比べて1.8倍と、徐々に外食利用を再開していることが判明した。

 また、どのような業態を利用していたかについては、「寿司」「ファミリーレストラン」「居酒屋」が上位となる一方で、緊急事態宣言中から直近1カ月までの推移をみると、「居酒屋」が16.7%から23.2%、「焼肉」が9.1%から16.8%と、それぞれ約7ポイント増となり、他業態と比べて利用が増えている傾向にある。

 外食の際に意識していることは、半数以上が「少人数での利用」58.0%、「密が避けられる場所」56.4%を意識しており、次いで「長時間滞在しない」45.7%、「衛生管理を徹底しているお店を選ぶ」42.4%、「換気の良いお店を選ぶ」37.7%となった。


 半数以上が「少人数での利用」「密が避けられる場所」を意識しており、今後外食の際に重要なポイントとして定着しそうだ。

■関連記事:
飲食店の感染症予防対策の一般化で外食利用が増加傾向に!【インテージ調べ】
https://foodfun.jp/archives/8906

コロナ禍でも20代の4割がランチデート、30代の4割強はディナーデートへ!【オーネット調べ】
https://foodfun.jp/archives/9086

働く女性の外食回数は月平均2.3回と昨年の半分以下も6割が「もっと外食したい」【OZmall調べ】
https://foodfun.jp/archives/9188