ニュース 求人/人材教育 役立つシステム

マッチングで即戦力を即日採用! 相互評価で定着率UP!【hachidori】

2019年11月8日 7:00 am

 シフト管理などの業務管理アプリ「CAST」(https://cast-baito.com/)を運営するhachidori(東京・竹橋、伴貴史社長)は、「CAST」のプラットフォーム上で、経験やスケジュールに応じた単発バイトのための即戦力アルバイトを採用できるサービス「CAST JOB」をリリースした(現在はiOSスマートフォン・タブレットのみ)。

 飲食店側は最初に求人記事を作成し、「CAST JOB」で求人を行う。応募があった場合、応募者のプロフィールや評価などを確認し、24時間以内に選考結果を通知、即日採用できる仕組み。履歴書や面接は不要なため、採用選考に関わる負担が軽減される。

 「CAST」は現在、20万人以上が利用しているアプリだ。「CAST JOB」は「CAST」ユーザーのスケジュール画面に求人記事を自動表示させたり、欲しい人材を直接スカウトしたりする機能も付ける。

 利用料金は1職種につき5000円(税別・以下同)の月額料金制で、例えばホールスタッフのみの求人は5000円、ホールとキッチン2職種で1万円と、求人記事数に応じた従量課金となる。年内はリリースキャンペーンとして利用料金は無料。

 求人記事内の採用人数や求人条件などの変更に制限はなく、採用状況の変化に合わせた柔軟な運用が可能。

 なお、「CAST」を利用している店舗に所属するバイトは「CAST JOB」を利用できない仕組みのため、店舗側は人材流出を防げる。

 同社は「まずは単発バイトで気軽に働くことでバイトと飲食店が互いの理解を深め、双方が魅力を感じた場合は中長期バイトの採用に繋げることができる」という。

 「CAST JOB」を利用することで採用コストを抑え、浮いた分の費用をバイトへ還元することによる定着率の向上や、相互評価機能に基づくアルバイトと求人事業者間の高精度なマッチングなどを通じ、円滑な店舗運営に寄与していくとする。

 まずは東京23区内を中心としたエリアのスポット求人に限定してサービスをスタートし、順次、長期バイト求人の公開・利用地域の拡大を行っていく。

 また、他社の掲載課金サービスからの応募者も一括で管理できる採用管理システム機能の提供や、プラットフォーム内のユーザー評価を活用した正社員採用領域参入なども展開する予定だという。

Print Friendly, PDF & Email