がんばろう外食!(支援等) ニュース

徳島でタクシーコールセンター活用しフードデリバリーの実証実験開始【電脳交通】

2020年5月4日 9:29 am

 徳島県徳島市に本社を置く電脳交通(近藤洋祐社長)は、 徳島市において、同社のシステム・コールセンター「電脳デリ」を活用したタクシーのフードデリバリーサービスの実証実験を5月7日から徳島市で開始する。

 店内営業を自粛してテイクアウト・デリバリーのみの営業を行う飲食店のニーズに対応し、システム・コールセンターを活用してスムーズに連携するスキームを構築することにより、「タクシー業界・飲食業界それぞれの売上を確保することができる」と考え、 今回のサービス開始に至ったもの。

 注文の流れは、
①利用者は飲食店にデリバリーを電話し商品を注文する
② 飲食店は電脳デリコールセンターに配達日時や届け先情報を伝える
③協力頂くタクシー事業者の車両に対してシステムを通じて配送指示を送る
――といった仕組みだ。

注文の仕組み

 実証実験のため、今後内容が変更する可能性があるが、現在のスキームは以下の通り。

①電話受付時間=毎日8時~19時
②受付期間=配送日の1週間前から受付可能~ランチ便は当日11時まで、 ディナー便は当日17時まで
③配達時間=ランチ便は12時~13時の間、 ディナー便は18時~19時の間に配送

受付&配送時間

④対象店舗=お持ち帰りデリ・とくしま( https://omochikaeri-deli.com/ )運営事業者と連携し参画店舗を募集する
⑤料金(注文した商品の金額+配送サービス料)=定額エリア内の配送サービス料は800円均一、定額エリア外の配送サービス料はタクシーメーター料金とする
⑥配送可能エリア=徳島市内全域

現時点での配送可能エリア

Print Friendly, PDF & Email