がんばろう外食!(支援等) ニュース

福岡の飲食店は注目! デリバリーとオンライン飲み会で収入増を支援!!【おいしい九州プロジェクト】

2020年4月28日 2:02 pm

 「九州に食のムーブメントを仕掛けよう!」をモットーに地域情報誌「NASSE」を発行するサンマークと広告制作会社の博報堂プロダクツ九州支社が共同で立ち上げ、福岡・北九州・熊本の飲食店約2万店のネットワークを持つ「おいしい九州プロジェクト」は、福岡の飲食店を応援する特設サイト「SAVE THE うまかもん」https://oishii-kyushu.com/umakamon/を開設した。

 「店舗に直接行けなくても、地元のお店を応援して福岡のおいしいものを守りたい。そんな人が集まる場所をつくりたい」との思いから、飲食店が初期費用ゼロで導入できる福岡の飲食店デリバリー・テイクアウトサービス「ゴチ送」(運営:ナッセ×タイミー×チャリチャリ) と、無料オンライン飲み会サービス「たくのむ」(運営:1010)が特設サイト上でコラボ。同サイトでは「ゴチ送」と、URLを共有した人と一緒にオンライン飲み会できる無料サービス「たくのむ」のフォーマットを活用した「福岡おうち酒場」を利用できるようにする。「おいしい九州プロジェクト」は、「ゴチ送」で取り寄せた料理を食べながら「福岡おうち酒場」でオンライン飲み会を楽しむことを推奨する。

 さらなる飲食店支援として、5月上旬に「福岡おうち酒場」に飲食店が常連客を呼んでオンライン飲み会を開催したり、料理の作り方講座などを開いて、チャージ料を徴収できる仕組みを導入し、直接収入を得られるようにする予定。チャージ料については通常、月額税別5000円と利用手数料20%を「たくのむ」に支払うところ、飲食店支援として6月末までは手数料15%のみとしている。

 また、「飲食店を応援しよう」という活動の告知や認知度向上に協力する協賛企業を募集しており、企業からのアイデアやコラボなどの提案も受け付けている。今回のプロジェクトでは、協賛金からボランティアで協力する有志らが活動するための交通費など必要経費のみを受け取り、残りは告知活動に当てるという。飲食店、協賛企業ともに「SAVE THE うまかもん」のサイトから問い合わせ・申し込みを受け付けている。

※関連ページ
福岡市の飲食店を応援! 地元企業と協力しデリバリーの代行サービス開始!!【タイミー】

Print Friendly, PDF & Email