がんばれ外食!(支援関連)ニュース読むと得する

福岡市の飲食店を応援! 地元企業と協力しデリバリーの代行サービス開始!!【タイミー】

2020年3月16日 1:57 pm

 バイトアプリ、地域情報誌発行、シェアサイクルの3業態が協力して、新型コロナウイルスの影響で来客減などの被害を受けている福岡市中央区・博多区の飲食店が、無料でデリバリーとテイクアウトを導入できるようにする代行サービスを始めた

 スキマバイトアプリ「タイミー」を運営するタイミーと、北九州・福岡・熊本の3エリアで地域情報誌を発行するサンマークのナッセ編集部シェアサイクルサービス「メルチャリ」を提供するneuetの3社が、それぞれの強みを活かして飲食店を応援しようと企画したもの。

 まず、ナッセ編集部が飲食店にサービスを紹介するとともに、同社が発行する地域情報誌に無料でデリバリー&テイクアウトのメニューを掲載し、特設サイトを運営する。同社媒体「NASSE」の購読者層には企業が多いため、ケータリングや社内の昼食での利用を想定する。

 デリバリーの注文受付は2日前までとし、タイミーがそれまでにデリバリーのワーカーを募集する。自前の自転車やバイクを持っていない飲食店スタッフやタイミーのワーカー向けに、配送用のシェアサイクルをメルチャリが提供する仕組みだ。メルチャリは15分間の無料クーポンを発行し、それを超過した場合はワーカーが負担する。タイミーへの支払いはナッセ編集部が配送料などから支払うため、飲食店は無料で導入できる

 注文は1店舗につき2000円(税込・以下同)以上から受け付ける。顧客は食事代が2000円以上1万円未満の場合は配送料として別途500円が、1万円以上の場合は配送料1000円が必要となる。テイクアウトの場合は、注文後に各店舗で商品を受け取る。

 3月16日から開始し、いつまで続けるかは状況を見て判断するという。申し込み・問い合わせは特設サイト(https://nasse.com/delivery/)で受け付けている。