がんばろう外食!(支援等)書籍ピックアップ読むと得する

インバウンド客対策に使えるガイドブック無料配布!! 指差しで簡単に意思疎通できるツールも【日本政策金融公庫】

2023年10月5日 10:07 am

 日本政策金融公庫は、インバウンド客対応に初めて取り組む飲食店向けに、押さえておくべきポイントをまとめた手引書「外国人客おもてなしガイドブック 飲食店編」(A5判・12頁)を5~6年前に発行しており、このたび内容をアフターコロナに沿って改訂した。

 「指差しコミュニケーションツール 飲食店編」(A4判・見開き)ともに、全国の支店窓口にて無料配布するほか、日本公庫サイトの出版物ページからもPDFファイルとして無料でダウンロードできる。

「外国人客おもてなしガイドブック 飲食店編」
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/inbound_guide.pdf
電子ブック版はこちら https://www.jfc.go.jp/n/findings/book/inbound_guide/

「指差しコミュニケーションツール 飲食店編」
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/inbound_pointtool.pdf
電子ブック版はこちら https://www.jfc.go.jp/n/findings/book/inbound_pointtool/

 「外国人客おもてなしガイドブック 飲食店編」の具体的な改定内容は、政府が掲げる2025年までのインバウンド客の消費額目標の更新や、翻訳アプリの紹介など。

「外国人客おもてなしガイドブック 飲食店編」

 「外国人客おもてなしガイドブック 飲食店編」には、「写真メニューでわかりやすく」「店頭にも歓迎の気持ちを」といった準備編から、アイコンタクトをしっかり、宗教・アレルギーなどで食べられないものの確認などを行うといった実践編、食べ物や飲み物を持ち込む、トイレの使い方が分からないなどどのような苦情が発生しやすいのかを例示し、そのトラブル回避・対応術などが掲載されている。

「指差しコミュニケーションツール 飲食店編」

 「指差しコミュニケーションツール 飲食店編」は、日本語に対応する英語・中国語(繁体語・簡体語)、韓国語4カ国語の文章が乗っており、話せなくても指で差すだけでコミュニケーションが取れるように作られている。

 文章は「何名様ですか?」「ボタンを押すと店員が参ります」「一人一品ご注文ください」といった店側の言葉や、「~(食材)は食べられません」「~(物品)をください」などお客さん側に必要なものも掲載されている。

「指差しコミュニケーションツール 飲食店編」

関連記事:
飲食店の経営課題と解決策解説する小冊子の配布開始【日本政策金融公庫】
https://foodfun.jp/archives/20125

売上増へ──「飲食店向け写真の撮り方ガイド」を無料配布中!【日本政策金融公庫】
https://foodfun.jp/archives/14733

Print Friendly, PDF & Email