加工品(肉)加工品(野菜)ピックアップ加工品(魚介)

国産原料&手打ちにこだわる京都のそば店が急速冷凍した業務用手打ちそばを8月から販売!【よしむら】

2022年8月1日 9:31 am

 京都・嵐山を中心に〈本店 嵐山よしむら〉や〈そば料理 蕎麦の実よしむら〉などの手打ちそば料理店を展開するよしむら(京都・嵐山、吉村匠平社長)は、8月より業務用に生そばを冷凍した手打ちそば〈瞬そば〉を販売する(価格はロットなどにより要相談)。

 同社は原材料と国産にこだわり、全国の生産者から厳選した玄蕎麦(殻のついた状態のそば)を仕入れ、自社で脱皮から石臼挽きまで一貫して行い、職人が機械を一切使用せず、全て手打ちしている。

 30人程度のそば職人が在籍しており、「手打ちのそば料理店としては日本最大規模となるのではないか」(同社)という。

 〈瞬そば〉は、蕎麦1人前150g・そばつゆ・具材セット付。そばは2食単位でトレーに梱包する。種類は〈ざるそば〉〈鴨汁そば〉〈にしんそば〉の3種となる。

 職人による打ち立ての生そばをマイナス30℃まで急速冷凍。電子レンジ(200w)または冷蔵解凍して湯がくだけなので、好きな時に使用する分だけ調理可能だ。冷凍の場合、賞味期限は約30日(解凍後は3日)。

 一番人気の〈鴨汁そば〉は、自家製のそば麹に国産近江鴨の鴨肉をたっぷりと漬け込むことで、柔らかさと旨味を引き出したジューシーな味わいがやみつきになるとか。

Print Friendly, PDF & Email