がんばろう外食!(支援等) ニュース

雇用調整助成金・休業支援金のコロナ特例9月末まで延長【厚労省】

2021年7月9日 4:11 pm

 厚生労働省は、現在8月末までとなっている雇用調整助成金と休業支援金についての新型コロナ対策に基づく特例を9月末まで継続することを決めた。

 雇用調整助成金は、原則として1人1日当たりの支給上限額が1万3500円で、助成率は解雇していない場合、中小企業が最大9割、大企業が最大7.5割となっている。

 これに対し、「緊急事態」または「まん延防止等重点措置」の対象地域または、売上高が最近3カ月の月平均で前年または前々年同期比 30 %以上減少している全国の事業主に対して特例措置を適用。1人1日当たりの支給上限額が1万5000円となり、助成率は解雇していない場合、中小企業も大企業も共に10割(解雇した場合は共に8割)となる。

 休業支援金は、原則的として中小も大手も1人1日当たりの上限額9900円、助成率8割となっているが、「緊急事態」または「まん延防止等重点措置」の対象地域では、助成率は変わらないものの上限額を1万1000円に引き上げている

 当初は6月までとしていたこの特例を7月も継続することとし、8月以降については6月中に知らせるとしている。

Print Friendly, PDF & Email