テイクアウト/デリバリー ピックアップ

米国No1のデリバリープラットフォームが仙台市上陸【DoorDash】

2021年6月9日 2:43 pm

 米国で50%以上のシェアを占めるデリバリー・プラットフォーム「DoorDash(ドアダッシュ)」https://www.doordash.com/ja-JPが6月9日、宮城・仙台でサービス提供を始めた。米国以外ではカナダとオーストラリアに続く3カ国目となる。

 「DoorDash」は、テイクアウト予約やデリバリー注文できるアプリとともに、飲食店の自社サイトや自社アプリにテイクアウト・デリバリー機能を簡単に導入できる「Storefront」(ストアフロント)を提供している点が特徴となっている。導入後はデザインやメニュー表を自由にカスタマイズでき、注文履歴からのデータ管理にも役立てられる。利用手数料については2021年末まで決済手数料のみとし、その後は加盟店と話し合いの上で決めるスタイルを採用し、一律料金は設定しないという。

▲発表会で説明する山本竜馬代表

 DoorDash Japan代表の山本竜馬氏は、仙台市を選んだ理由として「人口100万人以上の大都市でありながらデリバリーの普及率が低い。また、都市でありながら郊外型市場もバランスよく持っているから」と説明。まずは宮城県で日本市場で求められるニーズを検証し、デリバリーがあまり普及していないエリアへのサービス提供を進める意向を示した。

 サービス普及後は米国で実施している加盟店との勉強会開催や、食を必要としているコミュニティや家庭へのサポート、フードロスへの貢献などにも取り組む予定だという。

 スタート時点では、「牛角」「かっぱ寿司」「吉野家」「ケンタッキーフライドチキン」などの全国チェーン店に加えて、「オステリアハミングバード」「びすとろぼんてん」「DUCCA」「牛たん炭焼 利久」「うまい鮨勘」「焼肉レストランひがしやま」「ラーメン ビリー」などの地元飲食店が参加している。

▲サンプル画面

 

Print Friendly, PDF & Email