がんばろう外食!(支援等) ニュース

大阪・兵庫は31日まで時短要請を延長/愛知は名古屋の酒類提供店に縮小し延長/京都・福岡は21日で終了へ

2021年3月19日 5:18 pm

 大阪府大阪市の、兵庫県神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市の飲食店に要請している21時(酒類提供は20時30分)までの時短要請を31日まで延長することを決めた。協力金は、これまでと同様に大阪市は家賃に合わせて1日4万~7万円の4段階で支給し、兵庫県の4市は1日4万円(定休日は除く)支払う。

 愛知県は3月21日まで県内全域の飲食店を対象とした時短営業要請を解除し、22日から31日まで新たに名古屋市内の酒類を提供する飲食店を対象に22時までの時短営業を要請する。協力金として、時短営業した日数に応じて1店舗あたり1日2万円(最大20万円)支給する。「安全・安心宣言施設」に登録し、PRステッカーとポスターを掲示することなども支給条件となる。

 一方、京都府福岡県は予定通り21日で時短営業の要請を終了する。

Print Friendly, PDF & Email