がんばろう外食!(支援等) ニュース

長崎県、富山県が時短営業を要請――茨城県は期間延長、沖縄県は1店舗ごとに対象拡大

2021年1月19日 7:31 pm

玉城デニー沖縄知事=1月19日会見

 長崎県は、1月20日から2月7日までの期間、県内すべての飲食店などに対して5~20時までの時短営業(酒類提供は19時まで)を要請する。協力金としてすべての事業者に1店舗あたり76万円支給する。

 富山県は1月18日から31日まで、県内の酒類を提供する飲食店などに対して5~21時の時短営業を要請。協力金としてすべての事業者に1店舗あたり56万円支給する。

 茨城県は、県内すべての飲食店に対する20時までの時短営業の要請を2月7日まで延長。協力金として、中小事業者に対して1店舗あたり84万円を支給する。

 1月12日から那覇市・浦添市・沖縄市・名護市・宜野湾市・宮古島市・石垣市のすべての飲食店に22時までの時短営業を要請している沖縄県は、期限を2月7日まで延長し閉店時間も20時への前倒しを要請する。

 同時に1月22日から2月7日まではエリアを県内全域に拡大し、すべての飲食店に対して5~20時の時短営業を要請。協力金については、これまですべての事業者に1事業者あたり1日4万円支給するとこととなっていたが、今回は1店舗あたりに対象を広げて計68万円を支給することとした。玉城デニー沖縄県知事は19日夜に開いた記者会見で、「国に対して『緊急事態宣言』または『緊急事態宣言に準じる地域』の指定を求め、協力金をさらに拡充していきたい」との意向を示した。

Print Friendly, PDF & Email