がんばろう外食!(支援等) ニュース

1都3県で1月12日から31日まで全ての飲食店に20時までの時短営業を要請

2021年1月5日 4:57 pm

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県は、11日までとしていた酒類を提供する飲食店に対する時短営業要請の閉店時間を、22時から20時に前倒しすることを決めた。また12日から31日までは、酒類提供の有無にかかわらず、すべての飲食店に対して営業時間を5~20時に短縮することを要請し、対象エリアの制限も撤廃することで足並みを揃えた。協力金は支給する予定ではあるものの、金額などの詳細は4日時点では未定としている。

 東京都は、11日までを期限に酒類を提供する飲食店に対して22時までの時短営業を要請していたところを、8日から11日までは閉店時間を20時に前倒しするよう求める。その後、12日から31日まではすべての飲食店に対して5~20時の時短営業を要請する。

 横浜市と川崎市を対象としていた神奈川県と、千葉市や船橋市など12市を対象としていた千葉県、さいたま市大宮区と川口市、越谷市を対象としていた埼玉県も同様に8~11日は酒類提供の飲食店への閉店時間の要請を20時までに変更し、12日から31日は県内すべての飲食店に20時までの時短営業を求める。また3県については、酒類提供の時間を19時までとする項目が加わっている

 今後、国が発令する予定の緊急事態宣言を受けて、詳細について変更する可能性もあるという。

Print Friendly, PDF & Email