がんばろう外食!(支援等)ニュース

検索指数は6.6倍に急増!夏の外食は「テラス席」が人気に!!【ぐるなび調べ】

2020年7月21日 1:34 pm

 ぐるなびは7月9~12日、20代~60代のぐるなび会員1000人を対象に、この夏にしてみたい外食のスタイルについて調査を行ったところ、「テラス席など店外空間」を利用しての飲食が26.9%と最多になった。次いで「屋外でのバーベキュー」26.3%、「ビアガーデン」18.5%の順だった。「少人数での飲食店貸切」は11.0%、「屋外スポットでデリバリー」は7.9%だった。

 同社によると、ぐるなびユーザーによる「テラス席」の検索指数がここ3カ月で6.6倍に伸び、店外空間の利用や屋外での飲食、また限られた使用人数が確保できる貸切での利用などに関心が高まっていると分析する。なお、7月の連休に外食は誰と行きたいか(複数回答)については「家族」が69.6%と約7割を締め、「友人、知人」が35.0%、「恋人」「1人で」がいずれも18.4%だった。

 国土交通省による、新型コロナウイルス感染の影響を受ける飲食店などを支援する緊急措置では、2020年11月30日までの期間、テラス席やテイクアウト営業のための仮設施設の設置が可能となる沿道飲食店等の路上利用の占用許可基準が緩和された。

関連記事:
自治体などと連携して申請すると11月末まで歩道がテイクアウトやテラス営業用に利用可能へ【国土交通省】
https://foodfun.jp/archives/7524

 同省が7月2日に発表した「新型コロナウイルス感染症のための道路占用特例の対応状況」によると、7月1日の時点では全国の7割以上の自治体が実施し、残る2割以上の自治体でも7月1日以降に実施予定としており、飲食店のテラス席普及に大きな動きが出ている。

国土交通省「新型コロナウイルス感染症のための道路占用特例の対応状況(令和2年7月1日時点)」を引用

 ぐるなびによると、テラス席を導入した飲食店からの声として「予約のうちテラス席の要望が半数以上で、“テラスランチ”も人気が高い」「テラス席や個室については、予約で連日満席が続く」「テラス席+BBQで3密の回避をアピール、問い合わせが増えた」など、利用客・店舗両方にとってテラス席はメリットが大きいようだ。