POS/注文ピックアップ役立つシステム

セルフ注文・決済に専用端末は不要! iPadから大型ディスプレイまで端末を選ばないシステム開発【カチリ】

2019年9月19日 11:06 am

 飲食店向けのモバイルオーダーシステム「PLATFORM(プラットフォーム)」を開発・販売するカチリ (東京都港区:代表取締役社長 宮野浩史) は、「PLATFORM」の新機能として、色々なハードウェア(端末)に対応した店内でのセルフ注文・決済システム「PLATFORM KIOSK(プラットフォーム・キオスク)」を10月1日から提供する。

 「PLATFORM KIOSK」はウェブベースで開発されているため、従来のセルフレジや券売機のような専用端末を必要とせず、iPad などのタブレットをカウンターに設置したり、大型
のタッチパネル式ディスプレイを注文端末にするなど、店のブランドや世界観に沿った端末を導入できるのが売りだ。

 お客さんが注文する際は、商品選択後に電話番号を入力すると、スマートフォン(スマホ)にSMS通知が届き、スマホで決済する仕組み。過去に利用したお客さんであればログインやクレジットカード番号の入力は不要で、2タップで完了する。

 店舗にとっては省人化に加えて、顧客の「注文情報」と「個人情報」を取得できるため、商品開発や業態開発・出店戦略などにデータを活用できる。

 導入費用は店舗数やプランによって変動するものの、基本は初期費用20万円~、月額ライセンスが1店舗あたり3~5万円。運用支援はオプションとなっている。

 また、モバイルオーダー「PLATFORM」は導入せず、店内端末向けの「PLATFORM KIOSK」のみを導入することもできる。

Print Friendly, PDF & Email