加工品(野菜)ピックアップ加工品(ご飯・麺・パン)

南葛SCとコラボした植物性メンチカツ〈南葛サンド〉を限定で【ミヨシ油脂】

2022年9月2日 1:41 pm

 「南葛」と聞いて、すぐに漫画「キャプテン翼」を連想する人も多いのではないだろうか。その「キャプテン翼」の作者で知られる高橋陽一さんが代表を務める南葛SC(東京・青砥)は、関東サッカーリーグ1部に所属するサッカークラブ「南葛SC」を運営する会社だ。

 ミヨシ油脂は同じ葛飾区が本拠地という縁もあり、南葛SCと2022年シーズンのパートナー契約を締結。

 そして9月25日までの火・水・木曜日、南葛SCの所属選手とコラボレーションした、動物性原料を使用していないプラントベースの〈南葛サンド〉520円を、ミヨシ油脂の関係会社であるミヨシファクトリーが運営する「カフェ・マルガパーネ」(東京都葛飾区小菅2-8-34)で限定販売する。

〈南葛サンド〉

 〈南葛サンド〉は、南「葛」と「カツ」サンドをかけ、大豆ミートで作ったメンチカツを使用した動物性原料不使用のメンチカツサンド。
 植物性原料のみを使い、動物性油脂の特徴を表現したミヨシ油脂の食用油脂〈botanova 植物のおいしさ バター風味〉〈同 ラード風味〉〈同 牛脂風味〉を使用した。

 「botanova」の公式ホームページには、試食会に参加した南葛SCの河本明人選手、梶塚大哉選手、柳裕元選手のインタビュー(https://mmp.miyoshi-yushi.co.jp/botanova-post/collaboration_nannkatsu_1/)が掲載されているので、それを読みながら〈南葛サンド〉を食べるのもいいかもしれない。

〈南葛サンド〉と南葛SC選手。左から河本明人選手、梶塚大哉選手、柳裕元選手 (2022年7月、カフェ・マルガパーネでの試食会にて撮影)

Print Friendly, PDF & Email