がんばろう外食!(支援等) テイクアウト/デリバリー POS/注文 ピックアップ

複数のデリバリー・テイクアウトサービスの注文受注や商品管理をタブレット1つに一元化!【tacoms】

2021年6月3日 9:04 am

 アプリ開発を手がけるtacoms(タコムス/東京都文京区、宮本晴太社長)は、複数のデリバリー・テイクアウトサービスからの注文を一元管理できる飲食店向けSaaS「CAMEL(キャメル)」(https://www.camel-delivery.com/ )を正式にリリースした。

 「CAMEL」は、複数のデリバリー・テイクアウトサービスの注文受注やメニュー管理などを、1つのタブレットで一元管理できるサービスだ。

 コロナ禍の現在、「Uber Eats」や「foodpanda」など、さまざまなデリバリーサービスの導入を進めている飲食店は多い。

 しかし、厨房内に各サービス用の注文受注用端末があふれたり、サービスごとに管理画面にログインし、メニューの更新作業を行わなくてはいけない──といった問題も発生している。

 「CAMEL」では、連携する全てのデリバリー・テイクアウトサービスからの注文を、1枚のタブレットでの一括受注が可能になる。

 簡潔なオペレーションで新しいデリバリープラットフォームに出店することができ、管理コストの削減・売上の最大化が実現できるという。

 現在利用しているタブレットは買い替え不要で、そのまま利用できる。レシートプリンターは、同社で連携している機種であれば、店舗で使っているものと連動可能だ。

 また、注文の受注のほか、掲載メニューの変更や商品の品切れ設定、レシートプリンターと連動した帳票の印字などもできる。

 料金は店舗数に応じた料金体系となっており、1店舗あたり月額数千円規模での利用が可能。30店舗以上の場合は、都度相談の上で割引を検討する。
Print Friendly, PDF & Email