酒類 設備機器 ピックアップ

PETボトル充填の簡易サーバー「TAPPY」21年4月から全国展開!!〈一番搾り〉提供OK【キリンビール】

2021年2月9日 8:08 am

 キリンビールのタップサーバーといえば、「Tap Marché(タップ・マルシェ)」が有名だ。
個性的で多種多様なクラフトビールを3ℓペットボトルで提供するサーバーで、鮮度がいいクラフトビールがお客さんに出せ、取り回し・メンテナンスが楽なこと、スタイリッシュなデザインが人気を博し、2019年末時点では日本国内で約1万3000店に導入された。

 20年8月には台湾にも本格展開するなど、「タップ・マルシェ」が快進撃を続けるなか、もう一つのサーバー「TAPPY(タッピー)」の動きが活発になってきた。

 2020年11月に6県(愛知県・石川県・富山県・福井県・福岡県・宮崎県)でテスト展開していた、3ℓペットボトルで〈キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)〉や〈キリンサワー〉が提供可能な2タップサーバー「TAPPY」を、4月20日から全国で展開する。

 21年は全国1万店以上への導入を目指すという。「TAPPY」は「タップ・マルシェ」と異なり、通常の樽生製品と同様に酒販店への発注となる。

3ℓPETボトルで〈一番搾り〉と〈キリンサワー〉が提供できるサーバー「TAPPY(タッピー)」

 同社によると、昨年実施した6県での「TAPPY」テスト展開では、3ℓペットボトルという小型容器を採用していることから、樽商品よりも早いサイクルで鮮度がよく味がいい〈一番搾り〉が提供でき、「TAPPY」採用店舗でのビールの売上が向上している事例もあり、飲食店や消費者からの評価が高かった。

 樽商品に比べて、「TAPPY」は3ℓペットボトルのため持ち運びが簡単で、一般的に腕力がない女性や高齢者でも取り回しがしやすい。
 ワンウェイ容器であることから樽回収の費用・手間もかからず、社会的に逼迫している物流負荷の低減に加え、物流費の抑制も実現できるメリットがある。

 カートリッジのペットボトルは〈一番搾り〉だけでなく〈キリンサワー〉も提供できるため、年々市場が拡大しているサワー・チューハイ需要の高まりにも対応できる。

 また、「TAPPY」はサーバー内のホースが短いため、サーバー洗浄時にロスするビールが減り、フードロスの削減につながる。
 オペレーション負荷軽減による人件費削減と合わせると、削減コストは平均的な店舗で年間あたり約16万円(同社調べ)を見込めるという。

関連記事:
3LPETボトル入り〈一番搾り生〉も!! 2タップ式新サーバー「TAPPY」試験導入へ【キリンビール】

Print Friendly, PDF & Email