調査・統計 ニュース

タピオカの次は何が流行る? 10~20代女性の4割が「バナナジュース」が来ると予想!【Petrel調べ】

2020年10月27日 2:30 pm

 一大ブームを巻き起こした「タピオカ」。最近はすっかり落ち着いた感があるが、次には何が来るのかを早めに知っておけばニーズに即応できる。それには流行の中心となる若い女性に聞くのが一番!

 トレンド情報メディア「Petrel(ペトレル)」などを運営するパスチャー(東京・虎ノ門、甲斐優理子社長)は9月11~12日、「Petrel」内で、10~20代の女性を対象に、「若者が予想するNEXTブーム」について調査した。

 「タピオカの次に流行るものは何か」(回答者252人)という問いに対しては「バナナジュース」(41.3%)が最多だった。次いで「わらび餅」(26.4%)、「レモネード」(16.5%)、「モンブラン」(6.6%)、「プリン」(5.0%)、「台湾カステラ」(4.1%)という順になった。

 「次のブームになりそうなスイーツ」(同86人)では、「マカロン」と「焼き芋」が16.7%の同率で最も多く、「モンブラン」「カヌレ」「プリン」「和菓子」(各11.9%)、「わらび餅」「ガトーショコラ」(各9.5%)となった。


 「マカロン」の回答数が多かった背景について同社は、「トゥンカロン」という韓国発の進化系マカロンの存在があると予想する。「トゥンカロン」はSNS映えすると若者を中心に人気の新スイーツで、Instagramのハッシュタグ件数は3万件を超えている。

nstagramで「#トゥンカロン」で検索すると3万件あまりの投稿がある

 「焼き芋」は、高級さつまいもブランドを専門に取り扱った店や、熱い焼き芋に冷たいアイスを乗せた「焼き芋アイス」の登場が若者の間で話題になっているという。

「#焼き芋アイス」はこれからの季節に人気が高まりそうだ

 「次のブームになりそうなグルメ」(同108人)は、「餃子」(32.4%)が最も多く、続いてチーズナン」(16.2%)、「韓国料理」(13.5%)、「シカゴピザ」(10.8%)、「鍋料理」「おにぎり」(各8.1%)、「タイ料理」「台湾料理」(各5.4%)だった。

 同社は、「とろけるチーズに餃子をフォンデュして食べる『チーズ餃子』や、餃子の皮をピザ生地の代わりにして作る『餃子ピザ』など、なじみのあるメニューをアレンジした餃子に注目が集まっているようだ」と分析した。

Print Friendly, PDF & Email