ニュース

最大100食分の完全栄養主食〈ベースフード〉を飲食店にプレゼント!【BASE FOOD】

2020年7月10日 8:33 am

 完全栄養の主食を開発・販売するベースフード(東京都目黒区、橋本舜社長)は、ウィズコロナで営業再開する飲食店を応援するため、完全栄養の主食〈BASE FOOD(ベースフード)〉1カ月分(最大100食)を無料で提供する「ベースフードの飲食店応援キャンペーン」を、7月7日から開始した。

〈BASE FOOD〉とは、1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべてとれる、完全栄養の主食。1日に必要な栄養素のうちの3分の1が、1食分の〈BASE FOOD〉で補給できるので、完全栄養というわけだ。約27gのたんぱく質、 約7gの食物繊維、26種のビタミンやミネラルなど、必要な栄養素が入っているという。

 パンタイプの〈BASE BREAD(ベースブレッド)〉と麺タイプの〈BASE PASTA(ベースパスタ)〉の2種類あり、糖質は約30%オフと控えめ。これまでにも「PRONTO」や「ラーメン凪」、「バーガーマニア」など、さまざまなジャンルの飲食店に導入されている。 

 「〈BASE FOOD〉で1日の1/3の栄養を摂れるのなら、栄養過多になってしまうのでは?」という心配もご無用。同社によると、「塩分や炭水化物、カロリーなど摂り過ぎてはいけない栄養素は意図的に低くしてある。また、『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では、必要量と、摂り過ぎとされる上限量には数倍から数十倍の差があり、仮にソースや具材を加えたとしても、上限量を超えることはまずない」とのことなので、ご安心を。

 同社が先日、全国の20歳以上の男女1000人を対象に実施した「コロナ禍の自粛期間を経た『自宅での食事』に関する意識調査」では、コロナ禍の影響で健康意識や自炊頻度は高まっているものの、「自分で作る料理は、栄養バランスがとれている自信があるか」という質問で、「自信がある」と答えた人はわずか3.6%にとどまっており、栄養バランスの取れた食事を自宅で準備することに困難を感じている人が多いことがわかった。

 そこで同社は、「飲食店が栄養重視のメニューを打ち出すことが、顧客の呼び戻しの一助になるのでは」と考え、同社の製品〈BASE PASTA〉と〈BASE BREAD〉を飲食店に期間限定で無料支援することにしたという。募集要項は以下の通り。

【支援内容】
〈BASE FOOD〉1カ月分(最大100食)を無料で支援。
パンタイプの〈BASE BREAD〉と麺タイプの〈BASE PASTA〉から選ぶことができます。

【応募資格】
以下をお約束いただける飲食店
・無料提供分のBASE FOODを、新メニューとして活用いただけること
・無料提供後も、BASE FOODを継続的にメニューへ導入することが検討できること

【応募/選考方法】
①資料請求
 キャンペーンフォーム(https://form.run/@basefood-restaurant-01)より概要をご確認の上、まずは資料をご請求ください。飲食店さま向けの資料をお送りしますので、メニューへの導入をご検討ください。メニュー導入をご検討いただくためのサンプルは、無料でご請求いただけます。

②キャンペーン応募
 資料請求後に自動返信メールにて、キャンペーン応募フォームをお送りします。メニュー導入を決定されましたら、メールの案内にしたがってご応募ください。

③審査
 審査に通した方のみ、応募から2週間以内に通過の旨をご連絡します。

④BASE FOOD1ヶ月分を支援
 1カ月分のBASE FOODをお送りします。

 【キャンペーン応募期間】
2020年7月7日〜2020年9月30日まで
*本キャンペーンは予告なく終了する場合があります。 

【注意事項】
・店舗で提供するメニューとして継続的な導入をご検討いただける飲食店限定のキャンペーンです。BASE FOODをそのまま配布・販売すること等はご遠慮いただいています。
(どこまでをメニュー導入ととらえるか、判断に迷う場合、ご相談ください)
・審査の際、お電話させていただく場合がございますのでご了承ください。
・1カ月分の上限は100食となります。チェーン店の場合は、店舗ごとではなく、チェーン店まとめて100食が上限となりますので、ご注意ください。
・商品の内訳はできる限りご希望に添わせていただきますが、在庫状況によってはご相談する場合がございます。

Print Friendly, PDF & Email