がんばろう外食!(支援等)ピックアップ備品

一貫生産してきた厨房板金のノウハウ活かした飛沫防止用仕切り板を18アイテム!【ハイサーブウエノ】

2020年5月30日 9:01 am

 厨房機器の設計・販売を手掛けるハイサーブウエノ(新潟・三条、小越元晴社長)は、新型コロナウイルスの感染予防として、設計から完成まで一貫生産で厨房板金を製作してきたノウハウを活かして、対面での接客やカウンター席の仕切りなどとして使える「飛沫防止ガード」を開発した。三条市の公共施設では、対面で接する窓口業務などで全面的に導入されており、飲食チェーン店や金融機関でも導入が進んでいるという。

 ステンレス製スタンドに白色のプラパネル(355×355mm)を差し込むSG-STシリーズ(4台1セット4800円、以下送料・税別)と、ステンレス製角パイプの枠で透明アクリル板(厚さ3㎜・以下同)の高さを2段階調整でき下部に開口部を作れるSG-KPシリーズ(1万500円、数量限定品・1万1000円、1万2000円、1万3000円の4サイズあり)、レジ台などで役立つ耐久性に優れたステンレス製L型フレームで下部に開口部がある透明アクリル板使用のSG-FBシリーズ(9500円、1万1000円、1万2000円の3サイズ)、洗浄機で洗える丸型のステンレス台に透明アクリル板を挟むSG-BEシリーズ(スタンドのみ10個1セットで4800円、アクリル板1枚4000円)の4種18アイテムを揃えた。すべて工具不要で設置できる。