ピックアップ役立つシステムその他

メニューや資金繰りなどの悩みを専門家に相談できるマッチングサイトが誕生!【ショクツウ】

2020年5月7日 12:49 pm

 メニュー作りや出店の拡大、新卒採用などで悩みを抱え、経験者からノウハウを知りたい時に、その分野のプロに相談できるサービスが現れた。

 ショクツウ(東京・八丁堀、蛭田一史・塚本守章共同代表)が立ち上げた、食の領域に特化した助け合いサービス「ショクツウ」https://shokutsu.work/は、「開業、店舗デザイン、会社設立、物件取得、資金借入、従業員雇用、顧客集客、情報管理」など多くの実務に関する悩みを抱える飲食店と、それを手助けできる専門家を紹介できる人をマッチングするサービスだ。常勤として雇うほどではないが、ピンポイントの問題でその分野のプロに頼みたいというニーズに応えて開発した。

 「ショクツウ」にはすでに、飲食店経営者、飲食専門のコンサルタント、営業マン、アルバイト採用や求人のコンサルタント、食に関する雑誌の編集者、ライター、料理研究家、カメラマン、EC(通販)の専門家、ネット広告の専門家、農家や漁業の生産者など100人超の専門家が登録している。

「ショクツウ」の利用パターンの一例

 利用するには、飲食店が抱える「メニュー作りで実績のある人を紹介してほしい」や「新卒採用のノウハウを知りたい」「産直野菜を仕入れる提携農家を紹介してほしい」など、一時的に相談したい内容と、支払う紹介料の金額を同サイトに掲載する。それらの掲示を見た紹介者が連絡を取り、打ち合わせした後にふさわしいプロを紹介する仕組みだ。

 飲食店側だけでなく紹介者側や生産者も掲載できるため、「20店舗以上経営している経営者が販促・採用について解決します」というように、どういう悩みに応えられる人をいくらで紹介できるかや農・漁業の生産者からの「通年で仕入れられる飲食店を紹介して欲しい」といった内容も掲載できる。

 依頼者はショクツウへの手数料(税別5000円~)と紹介料(同5000円~)を支払い、依頼者と専門家のアポイントがセッティングされるとショクツウが紹介者に紹介料を支払う仕組み。ショクツウから専門家への支払いなどは行わない。

 同社は「飲食店を始める際に、物件サイトをみるように、飲食関係で何かを始めたい、相談したいと思った際に立ち寄るサービスにしたい」と話す。

Print Friendly, PDF & Email