ニュース 清掃・SOS 店舗のアレ

6月から義務化の「HACCP」対応スポンジを発売【スリーエムジャパン】

2020年3月7日 8:08 am

 2020年6月からのHACCP(ハサップ)義務化を控え、スリーエムジャパンが、異物混入のリスクを抑える工夫を施したスポンジ「スコッチ・ブライト 多用途スポンジ異物混入対策用 No.3030」を、3月16日に発売する。

 不織布部分は強靭な繊維構造なのでちぎれにくく、異物混入を抑える。また、万が一ちぎれた場合でも容易に見つけられるように、青色とした。さらに、不織布部分の耐摩耗性は同社の既存製品の2倍以上あるためへたりにくく、樹脂研磨粒子が含まれてるため、金属製食器や調理器具、陶器などの表面をキズつけにくいにも関わらず、コゲなどの汚れはスピーディに落とせる

 従来の「スコッチ・ブライト ブルーパッド付スポンジ」をリニューアルしたもので、第三者機関であるHACCPインターナショナル社の認証マークを取得し、HACCP対応とするとともに価格も従来品より抑えた。

 スポンジ部分はキイロ、ピンク、アオ、ミドリの4色あり、サイズも2種類用意。75×115mmサイズのメーカ―希望小売価格は税別198円90×150mmは同298円となっている。

Print Friendly, PDF & Email