POS/注文 ニュース 役立つシステム

クラウド型POSレジが進化!! EBILABの「来客予測AI」との連携でどこからでもリアルタイムに最新データをゲット!【POS+】

2020年2月21日 8:08 am

 パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジーが提供するクラウド型モバイルPOSレジ「POS+」と、EBILAB(三重・伊勢、小田島春樹社長)が提供する店舗データ分析サービス「TOUCH POINT BI」とが連携し、「POS+ BI powered by EBILAB」の提供を始めた。

 「POS+」は、予約サービスやテーブルオーダーとの連携、店長・経営者向けの分析レポート機能などを備えており、クラウド型なのでどこからでもリアルタイムに最新のデータを確認できるPOSレジだ。

 「TOUCH POINT BI」は、伊勢神宮の内宮参道に立地する老舗の食堂「ゑびや」の小田島春樹社長が開発したBIツール(企業が持つデータを分析して経営の迅速な意思決定に役立てるツール)で、AIによる独自の来客予測や、POSレジのデータやカメラ画像を使った来客分析などを活用した効率的な店舗運営をサポートする。

 今回、飲食店向けの「POS+ food」と「TOUCH POINT BI」が連携することで、売上や客層などのPOSレジデータや天候データなどを自動で収集してテーブル分析や属性別分析、商品・メニュー分析に活かしたり、過去の客数データを基に未来の来客数を予測する「オリジナル来客予測」、カメラを設置して来店客の男女比率や年代を把握することで、より顧客属性にフィットする商品・メニューの開発やマーケティングに役立てられる「画像解析AIシステム」などを利用できるようになる。料金は初期費用30万円~、月額費用9,800円~(※要問い合わせ)。

※関連ページ
三重の老舗《ゑびや》がAI駆使して経営危機脱出

Print Friendly, PDF & Email