POS/注文 ニュース 役立つシステム

店員の確認不要でテーブルにいながら決済! セルフオーダー端末に機能追加 【東芝テック】

2019年11月10日 8:02 am

 東芝テックは、店舗の会計業務を軽減することを目的に、飲食店向けに販売しているセルフオーダーシステム「RelaxOrder(リラックスオーダー)」に、テーブルに着いたままスマートフォンで決済できるシステムを11月下旬から追加する。

 タブレット型の専用端末に表示されるメニューから注文する「リラックスオーダー」は、セルフオーダー専用のサーバーを置く必要がないために容易に導入でき、直観的な操作性や、シズル感のあるメニュー・コメント表示、滞在時間に合わせて自動的に切り替わる販促画面などが特徴となっている。

 今回、「リラックスオーダー」の画面に決済用二次元バーコードを表示し、お客さんがそのバーコードをスマートフォンで読み取り、ウェブサイトにアクセスして支払う仕組みだ。POSシステムと連動しているため、通常のQRコード決済のようにお客さんが金額を打ち込む必要がなく、店員が金額を確認しなくて済む。また、ウェブサイト決済のため専用アプリなどをダウンロードする必要もない。

 決済手段はクレジットカードやコード決済など6種類に対応しており、店舗側は決済手数料を支払う。すでに「リラックスオーダー」を導入している場合は、ソフトウェアをバージョンアップすれば利用できるようになる。

 「リラックスオーダー」を新規に導入する場合、オーダー端末20台、オルフオーダー用ソフト1個の標準構成で290万円(導入費、工事費、税別。別途無線オーダーシステムが必要)がかかる。2019年1月末時点で、導入店舗は2500店舗を突破した。

Print Friendly, PDF & Email