集客ニュース役立つシステム

来客予測9割実現の「ゑびや」が導入! 複数サイトにある店舗情報や口コミの一元管理サービスに注目【ビッグローブ】

2019年10月17日 1:13 pm

《ゑびや》の内観

 ビッグローブが提供する、GoogleマップやFacebookのチェックインなどで掲載されている店舗情報を一元管理できるクラウドサービス「BIGLOBE店舗マップ管理」を、9割以上の精度で翌日の来客数を予測するAIなどを開発・運営している伊勢神宮の老舗食堂「ゑびや」が導入した。

 「ゑびや」は、来客予測AIの開発やタブレットでの自動注文などで業務効率化を実現。次の段階としてクチコミサイトでの顧客対応強化や、SNS・地図サービスなどへの新たな顧客接点への対応強化が急務となっていた。そのため、8月から「BIGLOBE店舗マップ管理」を活用し始めたところ、SNSなどでの顧客対応時間が短縮した。また、Googleマップで「伊勢神宮 ランチ」で検索すると3位以内に表示(2019年9月30日現在)されるようにもなった。

「BIGLOBE店舗マップ管理」のイメージ画像

 「BIGLOBE店舗マップ管理」には、ベーシック(1拠点あたり月額3500円、税別・以下同)、スタンダード(同5200円)、エキスパート(同9000円)の3プランあり、別途、BIGLOBEオフィスサービス管理者「基本コース」(1法人あたり月額基本料500円)の契約も必要となる。

 各プランで使える機能は以下の通り。

・ネット上に点在するSNSや地図に正しい情報を一括更新
 (
ベーシック、スタンダード、エキスパート)

 ネット上のSNSや地図サービスでは、店舗オーナーでなくても店名や営業時間などを登録できるため、誤った情報が掲載される場合がある。「BIGLOBE店舗マップ管理」を使うと、Googleマップや、FacebookとInstagramのチェックイン、Twitter、TripAdvisor、Baidu Map(百度地図)など計20以上のサービスを一元管理し、店舗オーナーが登録した正しい情報に自動更新できる。また、Googleマップの掲載順位が上がったり、国内のグルメ専用クチコミサービスでの検索件数が増加するなどの効果も見込める。

・それぞれのサイトのコメントに対して一括閲覧・返信が可能に
 (スタンダード、エキスパート)

 SNSや地図サービスに投稿されたコメントの一括閲覧(※1)や返信(※2)が可能なため、「ゑびや」の場合、3店舗のコメント確認作業が効率化し、日々のコメント返信時間がそれまでの1/5となる1時間弱に縮まった。また、確認漏れがなくなり、社内での情報共有もしやすくなった。
※1 スタンダード、エキスパートの両プラン
※2 エキスパートプランのみ

・クチコミの分析によるレピュテーション・マネジメントやアクセス分析の強化
(エキスパート)

 店舗情報へのアクセス数グラフやユーザからの平均評価、レビュー件数などを一覧で確認できる。クチコミの中で話題になっているキーワードや、キーワードごとの評価分析にも対応するため、食堂のメニュー構成や季節に応じたおすすめ商品を変えるなど、お客さんのニーズや本音を可視化したデータ経営を推進できる。

※関連ページ
三重の老舗《ゑびや》がAI駆使して経営危機脱出

Print Friendly, PDF & Email