ニュース

飲食店のマレーシア進出を支援! LMGやザクロスなど4社が期間限定店の出店サポートで合弁会社設立

2023年10月25日 8:43 am

 SNSマーケティングやSNSの運用支援などを手掛けるラバブルマーケティンググループ(LMG)は、海外出店を希望する飲食事業者に期間限定での海外出店をサポートするサービス〈お試し出店サービス〉のマレーシアでの展開を促進するため、テナント物件の調査・企画・コンサルティングのVIDA Corporationと店舗仲介事業のプログレッソディレクション、国内外で飲食事業を展開するザクロスと共に、マレーシアに合弁会社TASTE FOOD JAPAN SDN. BHD.を設立した。

 〈お試し出店サービス〉はLMGとのVIDA Corporation、プログレッソディレクションの3社で今年8月に始めたサービス。期間限定で海外に出店するために必要な戦略の策定やテナント紹介から、内装、仕入業者の手配、集客のためのマーケティングソリューションなどをワンストップで提供することで海外進出のリスクを低減した。また、本格的に進出する際にも同様にワンストップでの出店・展開をサポートする。

マレーシアに期間限定で出店した《伝説のすた丼屋》。左が行列の様子、右が店内

 支援第1弾として、、アントワークスが展開する丼チェーン店「伝説のすた丼屋」のマレーシア初進出を支援。約6カ月間の期間限定店の予定で、10月6日、首都クアラルンプールの繁華街ブキッ・ビンタンにある大型ショッピングセンター「ロット・テン(Lot 10)」内にオープンしたところ、初日から3日連続で500食を完売し、常時150人程の行列が途絶えず、閉店時刻より3~4時間程早い時間帯に完売するという好スタートを切ったという。

 「伝説のすた丼屋」の進出支援では、LMGが認知拡大と集客を目的としたインフルエンサー向けイベントの企画・実施やSNS運用代行などのマーケティング施策を行い、VIDA Corporationとプログレッソ ディレクションがテナント紹介や内装・仕入業者の手配、出店戦略の策定を手掛けた。

 今回、日本の飲食店のマレーシア進出支援の強化と日本食のさらなる普及を目指して、飲食店運営の実績があるザクロスが加わり現地法人を立ち上げた。LMGは今後、〈お試し出店サービス〉を複数国で展開し、さまざまな飲食事業者の支援を行いながら、海外でのマーケティング実績を重ね、事業の成長を加速させるとしている。

Print Friendly, PDF & Email