がんばろう外食!(支援等) 調査・統計 ピックアップ

テイクアウトの「事前予約・決済希望する人」8割、「予約方法が電話のみ」に不満は7割【ランプ】

2021年5月25日 8:47 am

 飲食店向けテイクアウトの予約・決済サービス「テイクイーツ」を提供するランプ(京都市中京区、河野匠社長)は2021年4月9日〜4月11日の期間、「テイクイーツ」において、全国の20〜50代の男女889人(男性445人・女性444人)を対象に、「テイクアウトの利用実態調査」を実施した。

  • 新型コロナウイルス流行によりテイクアウトの回数が増加した人は約56%

 「新型コロナ流行や外出自粛により、これまでよりもテイクアウトの利用は増えたか?」の質問に対し、「増えた」(46.2%)、「すごく増えた」(10.0%)と、半数以上の人が、利用機会が増加したと回答した。

 外食を控える人が増え、中食の機会がこれまでよりも増加したことにより、テイクアウトを利用する人が増えたことがわかる。

  • テイクアウトに関する情報は23.2%の人がチラシから入手

 「テイクアウトに関する情報は何から得ることが多いか?(複数選択可)」の質問には、「チラシ」(23.2%)、「HP」(19.4%)、「ネット検索」(18.2%)の順に多い結果となった。

 飲食店が作成するチラシなどの販促ツールをきっかけに、テイクアウトの情報を得たり自身で検索をして情報を得たりしている人が多いようだ。

  • 「普段よく利用するお店」をテイクアウトで利用する人が75.1%

 「普段どこでテイクアウトを利用することが多いか?(複数回答可)」では、「普段よく利用するお店」(75.1%)が一番多く、次に「気になっていたお店」(30.7%)、「お気に入りのお店」(27.7%)となった。

  • テイクアウトの利用に関して何かしらの不満を持つ人が7割以上

 「テイクアウトを利用する上で、不満に感じることは何か?(複数回答可)」には、「並ぶ時間や待ち時間が面倒」(33.7%)、「価格が高い」(33.1%)、「選択肢が少ない(近くにテイクアウトできるお店がない)」(23.6%)などが見られた。

 「特に不満はない」と回答した人は全体の26%にとどまり、利用機会が増えるテイクアウトですが、利用に対して不満を持つ人が多いことが判明した。

  • 8割以上の人がテイクアウトで事前に予約や決済ができるなら「利用したい」

 「テイクアウトで、事前に『予約』や『決済』ができるなら、したいと思うか?」の質問に対し、「したい」(84.4%)の回答が集まった。

  • 事前予約が「電話のみ」の場合、面倒に感じる人は72.2%

 「テイクアウトの事前予約が電話でしかできない場合、面倒だと感じるか?」の質問に対し、「はい」と回答した人が72.2%だった。

  • 注文の際のアプリインストールや会員登録を面倒だと感じる人が73.7%

 「テイクアウトの予約するためにアプリのインストールや会員登録が必要になる場合、面倒だと感じるか?」の質問に対し、「はい」と回答した人は73.7%だった。

 事前予約を導入する飲食店が増えているが、利用客は「できるだけ簡単に予約・注文したい」と考えている。

 同社は「電話以外の方法で手間がかからず、事前予約できる方法を導入することで、利用客はテイクアウトの利用意欲が高まり、飲食店にとっても売上げアップにつながるのではないか」と推測する。

Print Friendly, PDF & Email