がんばろう外食!(支援等) ピックアップ

クラファン手数料5%無料で飲食店支援【MotionGallery】

2021年4月28日 8:47 am

 クラウドファンディング・プラットフォームを運営するMotionGallery(東京・南青山、大高健志社長)は、「緊急事態宣言」の影響を拭けている日本全国の興行場・飲食店・宿泊施設などを支援するため、同社が受け取るサービス手数料を無料にする「AIDファンディング・プログラム」の受付を始めた。申し込み締め切りは5月31日。

 同プログラムが適用されたプロジェクトは、目標金額に到達しなくても集まった資金をすべて受け取れる「ALL-IN形式」が適用される。また、通常は10%の費用が必要なところ、MOTION GALLERYの手数料5%分を無料とし、決済手数料の5%のみでクラウドファンディングを実施できる。

 対象は、新型コロナウイルスの影響で営業に損害を受けた飲食店や宿泊施設などの経営者や「New Normal」に対応するための新しい取り組みを行おうとする飲食店、医療従事者にお金や物資を届ける目的で活動を行う支援団体、イベントや興行などの中止を受けた主催者や関係者などとなる。

 申し込みには、休業や予約キャンセルなどで発生した損害額、または「New Normal」対応のための活動内容やその費用を明記することが求められ、クラウドファンディングで集めた金額はその損害や追加予算の補填、もしくは「New Normal」対応費用に充てることが条件となる。また、損害額や対応費用を超えて支援金が集まった場合の資金の使い方を明記することも求められる。

 申し込みから1営業日以内に同プログラムの適用有無が連絡され、準備ができ次第、順次公開していく。支援金はプロジェクト終了日の翌月末日~翌々月初週に振込む。

 下記フォームから申し込みを受け付けており、その際に「AIDファンディング・プログラム」への申し込みである旨も明記する必要がある。
https://motion-gallery.net/start_project

Print Friendly, PDF & Email