がんばろう外食!(支援等) 調査・統計 ニュース

Go To Eat キャンペーン、95%が「利用したい」72%が「お得感あり」43%が「すでに利用」【ROI調べ】

2020年10月30日 8:35 am

 10月1日に「Go To Eat キャンペーン」が開始して、1カ月が経とうとしている。
一部では「鳥貴族」で付与ポイント以下の飲食をして利ザヤを稼ごうとする「トリキマラソン」だの「トリキの錬金術」だの、コロナ禍で売上が激減した飲食店を支援するという目的とは本末転倒な騒動もあったが、果たして利用者はどう感じているのだろうか。

 ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営するROIは、「ファンくる」会員929人(男性291人、女性638人)に対し、キャンペーン開始から約2週間後にあたる10月16日に、「Go To Eatキャンペーン」についての意識調査を実施した。

 「Go To Eat」を利用したかという問いに対しては43%が「利用した」と回答。「利用予定」が17%、「利用していない」は40%だった。

「Go To Eat」を利用したか

 「利用した」「利用予定」と回答した人に、オンラインでの飲食予約と食事券のどちらを利用した(利用予定)かについては、「オンラインでの予約」52%、「食事券」4%となった。

 20~50代はオンライン予約が47~57%、食事券は3~5%の間だったが、60代以上ではオンライン予約は31%、食事券利用が13%となった。

オンラインでの飲食予約と食事券のどちらを利用した(利用予定)か

 「Go To Eat」でお得感を感じるかについては、お得感を感じている人は72%。今後「Go To Eat」を利用したいかについては、「利用したい」56%と「機会があれば利用したい」39%の計95%が利用に前向きだった。

「Go To Eat」でお得感を感じるか

今後「Go To Eat」を利用したいか

 利用者にはおおむねウケがいい「Go To Eat キャンペーン」。自店のターゲット層がどの年代なのかを考慮に入れながら、オンライン飲食店予約と食事券のどちらに登録するか、検討してみるのも手だ。

関連記事:
「Go To Eat」開始前後で予約数が最大約6倍に! 大阪ではコロナ前と同水準に!!【エビソル調べ】
https://foodfun.jp/archives/10176

「Go To Eat」直後に新規客が前年比約120%に! 単価「1000円台以下」の割合も急伸【トレタ調べ】
https://foodfun.jp/archives/10359

消費者の56%が「Go To Eat」を「外食したいと思った当日」に使いたい【イオレ調べ】
https://foodfun.jp/archives/10382

Print Friendly, PDF & Email