がんばろう外食!(支援等) ニュース

アフターコロナのPRをプロが指南! リリース配信も中小飲食店は無料に!!【PR TIMES】

2020年5月1日 3:13 pm

 業態転換した際や新型コロナによる自粛要請が解除された後の再開時などの告知について困っているものの、相談相手がいない飲食店などの小規模事業者と、予算縮小やイベント自粛で仕事を減らしているPRパーソンを結びつけて支援するサービス「4MEETS(フォーミーツ)プロジェクト-出会うPR-」を、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESが立ち上げ、5月1日から受付を始めた

 同社にとってクライアントとなるニュースを発信する事業者とPR事業者の両者が苦しい状況にあることから、両者を支援するプロジェクトとして企画。飲食店や施設、各種教室などの小規模事業者向けに、無料でPRのプロから提案を受けられる機会を用意する。フリーランスや小規模事業者のPRパーソンには、各事業者への提案を1件税別3万円の仕事としてPR TIMESが依頼する仕組み。事業者の相談とPRパーソンの提案の内容は公開し、誰でも見られる社会の共有資産とする。さらに、その提案を実際に発表する際には、1配信に税別3万円(従量課金の場合)かかるPR TIMESでのプレスリリース配信を無償とする。

 同社は「つくる人(事業者)と伝える人(PRのプロ)が出会い、そこで生まれたPRメッセージが、広める人(メディア)に渡り、受けとる人(ユーザー)に伝わる。この4者がつながり、苦境にある人が一人でも多く前を向ける状態を目指す」とコメント。期間は5月1日から2021年4月30日の1年間で、その間に最大1000件の出会いを創出できるよう行動するとしている。また、PR TIMESのネットワークを活用して、PRパーソンの参加促進に加え、事業者支援している地方自治体や地方金融機関にも働きかけていくという。

 対象は新型コロナの影響で休業中や開店休業状態の小規模事業者とし、事務局が登録審査する。審査が通ると、具体的な相談内容を投稿し、エントリーされたPRのプロから1社を選択。PRパーソンから詳細をヒアリング(オンライン会議推奨)し、提案を受け取る流れとなる。登録できるPRパーソンは、フリーランスまたは従業員5人以内のPR事業者に属していることが条件となる。

 事業者の登録は申請フォームhttps://tayori.com/form/f70191026d8ab1b27fe9c7486826d86e8a384eafで受け付けている

Print Friendly, PDF & Email