ニュース

JTBと資本業務提携し、観光地でのスマホ決済やインバウンド集客を推進【日本美食】

2019年9月13日 11:39 am

 飲食店向けに訪日客の集客サービスや国内外のさまざまなスマホ決済を一つの決済方法に統一するマルチスマホ決済サービスなどを提供する日本美食(東京・霞が関、 董路社長)は、大手旅行代理店のJTBと資本業務提携した。

 今回の提携により、JTBが契約する観光施設をはじめとする地域事業者のキャッシュレス決済環境を整備し、訪日客の利便性向上や地域・地域事業者の集客促進など、観光地が抱えるインバウンド課題の解決を目指し、日本美食が提供するマルチスマホ決済「TakeMe Pay」と海外プロモーションサービスの導入を共同で推進する。

 また、収集した決済データの分析と決済データを活用したサービスの検討を進め、地域課題を解決するソリューションの提供も進める。

Print Friendly, PDF & Email